芸能

まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”

 1月15日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)でダウンタウン・松本人志が“爆弾発言”した。

 それは「人志松本の酒のツマミになる話」コーナーでのこと。同コーナーは、「酒のツマミになれば何をしゃべってもOK」がルールで、よそで聞けない失敗談やエグイ本音を吐露したりすることで知られるが、この日は、「ずっと相方がほしいと思っていた」というゲストのファーストサマーウイカが「もし違う人を相方にするなら誰がいいですか?」と松本に質問。

 すると、松本は、いちはやく意中の人物が頭に浮かんだようで、「うわー、今ひとり、めっちゃ出てもうたなぁ」として、さらに、「でも、あんま言いたくないな。言ったらバズりそうでイヤや」とためらいながらも、意外な人物の名前を明かしたのだ。

 まずヒントが出され、松本より先輩で、今まで“体験してない”相手だという。ウイカが「ジミー(大西)さん?」とぶつけると、松本は大物芸人・明石家さんまの名前を口にした。

 その理由については、「だってオレ、なんも考えんでええわけやん!」とニヤリ。さんまのマシンガントークをたいそう魅力的に感じているようだ。さらには重ねて、こんなことを強調したのだ。

「相方の浜田(雅功)は、なんんんんにも考えてない!浜田はなんんんんにも!!!!(考えてないから)」

 つまり、松本はダウンタウンのネタ担当で、本番前、自分一人で考え抜いてトークを作っていく地道な努力を繰り返しているのだと打ち明ける。そして、「ボケて笑いを作ってくれる人の横って、どんな感覚なんやろ?」と思いをはせた松本に、ウイカはこう畳みかけた。

「(島田)紳助さんの時は違いましたか?」

 これには松本は、

「紳助さんはそれに近いけど。さんまさんのほうがポップやから」

 と返したものだ。実際、芸能界を引退した紳助よりも、現役バリバリのさんまのほうが実現度は高い。周囲から口々に期待の声があがる一方、ここで、松本は急にトーンダウンし始めた。

「ボク、(ボケでなく)ツッコミになると思うんですよ。未体験という意味で…。自分がどうなるのかもわからない」と話し、「たぶん全然おもしろくないです」と、締めくくった。

 一瞬、“浜田はもうお払い箱!”的に突き放したのかと思ってしまった天才松本の爆弾発言。“最後の最後で踏みとどまった”形だが、最後の「たぶん全然おもしろくない」との言葉は、小・中学校の同級生という腐れ縁の浜田への婉曲的な、最上級のリスペクトなのだろう。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化