芸能

吉岡里帆のインスタが乗っ取り被害!「“ヤバいDM漏洩”?」と一部ファンが緊迫

 1月20日未明、女優・吉岡里帆のインスタグラムが乗っ取られる事件が起きた。

「犯人はトルコ人の男性。吉岡のアカウントを乗っ取ると、名前を『riho_yoshioka』から『riho_yoshioka Hacked by iamaemoc』に変更。さらに絵文字でトルコの国旗をプラスしました。自身の姿と思われる写真も投稿。これらのことから犯人がトルコ人男性だとわかりました」(芸能ライター)

 幸いにも20日の夜にはアカウントを取り戻すことができたようだ。吉岡はプロフィール部分に〈皆様ご心配をおかけしました。Instagramがトルコの方に乗っとられていたようです。でもこちらは無事です!〉と書き込み、さらに1月20日夜中には〈色々考えたのですが、いつかトルコへ旅行しに行こうと思います。出来れば今回頑張ってくれたマネージャーさんと…〉と投稿した。被害はストーリーの一部が消えただけだったと明かしている。

「タレントのSNSが乗っ取られたと明かすことはよくあります。ただ、ほとんどの場合はは間違った投稿をしてしまい、それが自分ではなかったと釈明するために乗っ取られたことにするケース。ですが吉岡は問題投稿をしたわけではないので、ガチで乗っ取られたようですね。なぜ彼女が標的になったのかはわかりません」(前出・芸能ライター)

 まさかの乗っ取りに驚いたファンだが、無事取り戻したことで胸をなでおろしているようだ。

「ファンの中には、吉岡のDMが漏洩しないものかと心配している人もいたようです。メッセージのやりとりはLINEが主流ですが、最近は既読がつくLINEを嫌い、インスタのDMを使用する若者が増えています。もし吉岡がそうだった場合、乗っ取り犯はプライベートなDMをすべて見ることができ、それを公開することもできたわけです。確かに、もし、彼氏とのラブラブなやりとりなどがあって、それが漏洩していたら大騒ぎになっていましたね」(前出・芸能ライター)

 もちろん、そんなDM漏洩の形跡はなく、そもそもそんなメッセージがある可能性自体がファンの想像の産物であるわけだが、乗っ取り被害という緊迫した事態が様々な懸念を想起させてしまったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ