芸能

霜降り明星「R-1グランプリ」決勝MC抜擢に“違和感”の指摘が上がる理由

 ピン芸人のナンバーワンを決める「R-1グランプリ」。今年もフジテレビ系で3月に決勝が放送される同大会だが、開催19回目にして激変が生じている。

 出場資格に“芸歴10年以内”の条件が加えられたことで、おいでやす小田やルシファー吉岡といった決勝常連組が出場資格を喪失。名称も「R-1ぐらんぷり」からカタカナ表記となった。

 そんな新生「R-1」で新たに発表されたのが、霜降り明星の“決勝MC”就任。歴史ある大会での“お笑い第7世代”からの大抜擢に驚きの声が広がっている。

「主催する吉本にとっても非常に思い切った決定ですよ。雨上がり決死隊からMCを引き継ぐことになる霜降り明星は、昨年大会で宮迫博之の代役を粗品が務めたものの、正式なMC抜擢は誰も予想していなかった。粗品自身が『すごい角度からのありがたい話やな』とコメントしたことからも衝撃度合いが分かります」(お笑い関係者)

 世代交代を印象づけるキャスティングだが、同関係者は「私の周囲ではシビアな声のほうが多い印象です」と、こう続ける。

「出場者の若返りは理解できますが、大会の“権威性”を考えると、MCはベテランのほうが間違いなく適している。霜降り明星の評価はともかく、『R-1』自体のありがたみを損なうのではないかとの危惧が飛び交っています。そもそも、数字やスポンサーがつきやすいからといって、昨今の何でもかんでも“第7世代”に頼りきりの偏った番組作りに、違和感を覚える芸能関係者も多いんです」

 ともあれ、新生R-1の行方を注視したい。(川瀬大輔)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」