社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<肩腱板断裂>「四十肩」「五十肩」と間違う痛みとは…

 肩の痛みが原因の代表的な病気に「四十肩」や「五十肩」がある。しかし、肩が本格的にあがらなくなったり、夜中に痛みを感じる場合には「肩腱板断裂」の可能性が高い。これは上腕の骨と肩甲骨とをつなぐ腱板が切れてしまう病気だ。腱板とは肩の関節を安定させる働きを持った4つの筋肉の総称。肩に強い痛みを感じる点で、「四十肩」や「五十肩」と間違えやすいが、「肩腱板断裂」は、関節の動きが硬くなる場合は少なく、腕をあげた時に力が入らなくなるのが特徴だ。一般的には、転倒で手をついたり、肩を強打したりした時に発生するケースが多いが、加齢と肩の使い過ぎによって、気づかないうちに断裂が起こることも多いと言われている。

 発症のピークは60代で特に男性に多く見られ、右肩に発症しやすい。テニスなどの腕を動かすスポーツをしている人や重いものを持つ仕事の人がなりやすいので注意が必要だ。

 レントゲンでは腱板が映らないため、正確な診断をするためにはMRI検査を行うことになる。「肩腱板断裂」は、断裂してしまった部分が自然に治ることはないが、全体の7割程度は、保存療法で症状が改善する。

 治療法は、多くの場合、肩の周囲の筋肉を動かすリハビリなどを行う。加えて、腱の周りにすべりをよくするためのヒアルロン酸注射を行ったり、痛み・炎症を抑えるための局所麻酔剤・ステロイド注射などをする場合もある。通院治療を行っても痛みが軽減しない場合や、肩があがらない場合などには断裂部分の縫合手術を行う必要も出てくる。

 日常生活で、洗濯物を干すのが辛い、電車のつり革をつかめない、髪を洗いにくい、寝返りをうつと肩が痛い、腕のあげおろしの時にゴリゴリ音がする、などがこの病気のサイン。これらの症状がある場合は油断せずに、早めに医療機関を受診したほうがいい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”
3
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
4
ドーンと飛び出しそう!?加護亜依、最新動画で魅せたお椀バストの激ヤバ迫力
5
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象