スポーツ

イチローのファインプレーは”演出”!?大魔神佐々木主浩がMLB時代を動画回顧

 NPBのオリックス・ブルーウェーブとMLBで通算4367安打をマークした、元プロ野球選手のイチロー氏。「レーザービーム」とも称された強肩から成る守備、また意外に思われる方もいるかもしれないが、NPBとMLBでそれぞれ盗塁王のタイトルにも1度輝くなど、「走・攻・守」揃った選手だった。

 ルーティンとも言うべき、バッターボックスでの構えも独特で、ヒットしても、凡退しても表情を変えないポーカーフェイスも特徴的だったが、これを「わざとカッコつけてる」と、一種の演出であるというように“暴露”する人がいた。「大魔神」の愛称でも知られる元プロ野球選手、佐々木主浩氏である。

 元プロ野球選手、清原和博氏のYouTubeチャンネル〈清ちゃんスポーツ〉、1月13日に〈【番長×大魔神】2人だけが知るイチローのここだけの話!!〉とタイトルされた投稿回に佐々木氏が出演した時のことだ。

 イチロー氏が海を渡った2001年から3年間、マリナーズでチームメイトだった佐々木氏は、「イチローは、わざとカッコつけて、カッコいい姿を見せるんだっていうスタイルなの」と語った。その一例として、佐々木氏登板の試合で、平凡な外野フライにも関わらず、イチロー氏はなかなか落下地点に行かず、ギリギリになって走り込んでのジャンピングキャッチ!ピッチャーの立場からしたら、いち早く安心したいところで、「いい加減にしろ、こっちはドキドキするじゃないか!」との佐々木氏に、「こうやってカッコよく捕るのが僕のスタイルですから」とイチロー氏は返答。華麗なファインプレーに見せてゲームセットにしていたと驚きのパフォーマンスを佐々木氏は明かしたのだった。

 もっとも、そのスタイルを佐々木氏は評価もしており、イチロー氏は技術のみならず、魅せるパフォーマンスにおいても超一流だったようだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…