芸能

フワちゃんに意外な「死角」!? “一部共演者と軋轢”の「TV現場」言動とは

 バラエティからワイドショーのコメンテーターまで連日テレビで見ない日はないのがYouTuber芸人・フワちゃん。その引っ張りだこの理由を民放バラエティプロデューサーが説明する。

「誰にも真似できない独特なケミカル色のド派手ファッションはお子さんから大人気。大物芸能人相手でも物怖じせず歯に衣着せぬもの言いができる『タメ口』力は若者の代弁者になっている。しかも裏ではかなりの気遣いのできる人柄で、オンエアでは呼び捨てにされた大物も最後には懐柔されてしまうんです」

 さんま、アッコ、デヴィ夫人などを次々と丸め込む快進撃を続けるフワちゃんはもはや敵なし?しかし、芸能デスクは、こう指摘する。

「実は、一部芸人からは“女江頭”と恐れられているんです。というのも、江頭2:50さながらに、どの現場でも最終的に“おいしいオチ”をフワちゃんが持って行ってしまうからなんです。そのため、“芸人殺し”と敵視する人もいて、今は人気者なだけに表立って逆らうことはできないので笑って共演しているが、そのうち、そうした一部芸人と一触即発となる可能性も高いんです」

 まさか人気者のフワちゃんに「死角」ありとは!さらにテレビ収録現場でのこんな言動で共演者との関係にヒビが入ったというケースもあるという。

「フワちゃんはご存知のとおり、テレビと並行してYouTubeをやっていますが、実は、番組の収録前などは現場でも自撮り棒で撮影しているんです。もちろん共演者は人気者のフワちゃんがYouTube用にそれを撮影しているのだと思い、気軽にペアショット撮影に応じるのですが、実際には、フワちゃんのYouTubeで公開されないことが多いそうなんです。そのため『せっかく一緒に撮ったのに一向に公開されないからアタマに来る』と根に持っているタレントが出てきているとか。もちろん共演者全員をアップしているほどヒマじゃないでしょうから、フワちゃんのせいにはできないでしょう」(前出・芸能デスク)

 そんなふうに、行き場のない怒りがマグマのようにたまってきつつあるというのだが、察しのいいフワちゃんだけに、うまく“危機”を回避できるといいのだが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故