芸能

「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”

 3月3日、俳優の駿河太郎(42)が東京地裁に訴えられていた民事訴訟が和解していたことがわかった。

 この訴訟は、いわゆる交通裁判だ。18年4月9日午後0時20分頃、都内にある駿河の自宅前で車庫入れ中に、バイクに乗る男性(54)と接触。警察が「過失運転致傷」とした事故をめぐって、駿河が治療費や後遺症の慰謝料など約530万円の損害賠償を請求されていた。

 この手の裁判としては異例の長期化をしていた。というのも、事故の発生状況、ケガの度合いをめぐり、駿河と男性が真っ向対立したため。実に約2年2カ月にもわたって、法廷論争を続けていたのだ。

 ところが、3月3日の判決を前に、男性と急転和解していたのだ。2月16日発売の週刊アサヒ芸能がドロ沼訴訟を報じてからわずか2週間。早期に和解できるなら、長期間にわたって争う必要はなかったのでは…。いったい何があったのか。芸能ジャーナリストはこう分析する。

「報じられてしまったうえに、判決として明文化されてしまうと、今後の芸能活動に支障が出る可能性もあるため、和解に動いたのではないでしょうか。もうひとつ、その後に2月25日発売の女性セブンで、駿河は父親の笑福亭鶴瓶(69)に裁判を内緒にしていたことを明かしています。駿河が住んでいる自宅も、もともとは駿河が役員に名を連ねる鶴瓶のファミリー企業の持ち物でしたから、和解には鶴瓶の意向も働いたのかもしれません」

 俳優として存在感を発揮している駿河。だが、偉大なる父親には逆らえないということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ