芸能

元乃木坂46中田花奈、麻雀プロテスト合格で爆裂ボディ披露が“確定視”理由

 本業での活躍はもちろん期待したいが、そのビジュアルを生かさない手はない?

 乃木坂46の元メンバー・中田花奈が3月9日、「日本プロ麻雀連盟」のプロテストに合格し、プロ雀士となったことを報告した。中田はテレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」で、プロ雀士を目指すドキュメント企画「中田花奈(元乃木坂46)の“プロ雀士への道”」を1月4日から始動。年内の麻雀カフェ開店を目指し、すでに店長として必要な様々な研修を受けるほか、経営者としての活動をスタートさせていることに加え、今回の麻雀プロテストにエントリーすることを発表していた。

 そして、9日、プロテストの合格発表が生配信され、合格通知メールを確認した中田は衝撃のあまり、しばらく呆然とするも、「ありがとうございます…ヤバイヤバイヤバイ、えっ、ホント?」「意味わかんないっす」と、合格の喜びを爆発させた。日本プロ麻雀連盟の公式サイトによると、正規合格となった中田は半年間の研修と並行して、タイトル戦やリーグ戦などプロ雀士としての活動ができるとのことだ。

 元国民的アイドルのプロ雀士が誕生したことにファンからは歓喜の声が上がっている。ただ、一部のファンからは「カレンダーでの水着披露待ったなしやな」「きっと脱がされるのは既定路線だな」「来年のカレンダーは絶対買わせて頂きます」など、何やら一瞬、麻雀とは無縁とも思えるコメントも多数見られ、謎の盛り上がりを見せている。

「実は、日本プロ麻雀連盟ではアイドル顔負けの女流プロが多数在籍しており、毎年、女流プロたちが集結したカレンダーが発売されています。昨年10月に発売された21年版のカレンダーでは過去最多24名の女流プロが集結し、サンタコスや浴衣など、季節に応じた衣装のほか、水着や肌着姿といった肌見せ度高めのコスを披露しています。となれば、元国民的アイドルグループ出身の中田はこのカレンダーに持って来いの存在なはず。しかも中田は乃木坂の中でもトップクラスにバストが大きいメンバーとして知られていますから起用しない手はないでしょう、ということです」(エンタメ誌ライター)

 乃木坂時代は知らなかったものの、雀士に転向してから中田の存在を初めて知る麻雀ファンも出てくるはずだ。乃木坂時代は安定して選抜メンバーだったわけでもなかった中田だが、すさまじいスタイルを持つ美人プロ雀士として乃木坂時代以上にブレイクしそう!?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫