女子アナ

フジ永島優美に「新婚夫とタッグ」案?各局美女アナ、朝の「覇権バトル」最前線!

 4月から各局の“朝の顔”が様変わりしそうだ。テコ入れをした4局と視聴率トップの番組を持つテレビ朝日。あの手この手で視聴率を狙う、美女アナの“仁義なき戦い”が始まろうとしている。

 フジテレビでは3月29日から「とくダネ!」に替わり、22年ぶりの新番組「めざまし8」がスタート。メインキャスターを務めるのは、前時間帯の番組「めざましテレビ」でも7代目女性メインキャスターを5年間も担当した永島優美アナだ。永島アナといえば3月4日、「めざまし」の生放送で同局員との結婚報告をしたばかり。フジ関係者が明かす。

「相手は『めざまし』のディレクターだった、1つ年上の先輩社員です。永島アナが『めざまし』を担当する時に、彼がていねいに仕事を教えたのがきっかけで交際につながったといいます。『めざまし8』は『とくダネ!』とチーフプロデューサーがかぶり、前番組のフィナーレに向けて手がかかっているため、現時点でどのスタッフが新番組を担当するのかも伝わっていないような状況だといいます。情報局内のスタッフ全てにその可能性があり、スタートダッシュを狙うならと、話題性で新婚夫との再タッグ案が浮上している」

 朝の情報番組枠で苦戦を強いられているTBSは、「グッとラック!」を打ち切り、生活情報を届ける新番組「ラヴィット!」で対抗する。女性司会に抜擢されたのは田村真子アナ。裏番組の永島アナと同じく、大物の父親を持つ二世美女アナだ。

「8時以降の枠は他局に一歩リードされている状態で、TBSとしては“捨て試合”となります。予算もかなり削減し、ロケなどで経費を使わないようスタジオショーを目指すようです。当初は麒麟の川島明と女性タレントの司会で企画は進んでいましたが、一部でSHELLYで決まったかのような報道が出てしまった。そのせいで難色を示され、他にも多くの候補がいたそうですが、声掛けがしづらくなり、窮地を救うために田村アナがキャスティングされたのです。ただし、彼女は悪い噂を聞きませんね。出演番組では事前によく勉強してきますし、スタッフとのコミュニケーション能力も高い。父親が現役厚生労働大臣というサラブレッドですが、お高く止まってもいない。むしろ大臣の娘と思われたくないオーラさえ出ていて、周囲は誰もそうした話題を口にしません」(TBS関係者)

 春からスタートする女子アナたちの覇権バトルは、3月16日発売の「アサヒ芸能」3月25日号で詳しくレポートされている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!