芸能

都はるみ、上沼恵美子が明かした「内縁の夫」と死別後の“気力喪失”舞台裏

 演歌歌手の都はるみと俳優・矢崎滋が、東北地方でひっそりと暮らしていると、3月12日発売の写真誌「FRIDAY」が報じ話題となった。

 同誌は、芸能界の表舞台から遠ざかっている2人が、東北地方のホテルからコンパクトカーで外出し、回転すし店で食事する様子や、駅のベンチで穏やかに笑い合っている姿をキャッチ。

 矢崎が東北のビジネスホテルで暮らし、都が数年前から東京の自宅との通い同棲のような生活を送っていたが、コロナ禍のために往来を控え、同じホテルに滞在しているという。

「都は2008年、長年公私ともにパートナーだった音楽ディレクターと死別。13年に疲労からくる急性喉頭炎で入院したのを境に活動をセーブするようになり、16年2月にラジオ出演したのを最後に公の場から姿を消していました。一方、矢崎も14年のドラマ出演を最後に活動を停止。昨年9月に『週刊女性』で引退を告白していましたね」(芸能ライター)

 そんな2人の交際が発覚し世間も驚いたが、都の大ファンだという上沼恵美子は3月14日放送の「上沼・高田のクギズケ!」で、内縁の夫との死別後は、都のコンサートに違和感があったと明かした。

「内縁の夫が亡くなられてから、ちょっと生気を失われました」という上沼。新歌舞伎座のコンサートに訪れた際、楽屋もシーンとしており、上沼が送った胡蝶蘭だけが置かれていたそうで、「それもなんかちょっと迷惑だわって顔されてましたよ」と語った。

 一緒にエレベーターに乗り、都は舞台へ、上沼は客席へと別れる間際、「じゃあ、見せていただきます」と言っても、都はそっけなく、まったくやる気が感じられなかったとか。

 さらに、客席の最後列でみていると、客は高齢者ばかり。そんな中、都について「鼻歌のように歌ってはりました。あれだけご高齢の方にうなり節だと失神する方もいらっしゃるかと思ったのかな」 と、活動休止前に気力を失っていた様子を振り返った。

 そんな都が今は矢崎と老夫婦のように仲睦まじく時をすごしているとか。84年、「普通のおばさんになりたい」と引退宣言した都は、90年に復帰したものの、現在、再び活動休止中。ようやく本当に「普通のおばさん」になれたということか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」