芸能

都はるみ、上沼恵美子が明かした「内縁の夫」と死別後の“気力喪失”舞台裏

 演歌歌手の都はるみと俳優・矢崎滋が、東北地方でひっそりと暮らしていると、3月12日発売の写真誌「FRIDAY」が報じ話題となった。

 同誌は、芸能界の表舞台から遠ざかっている2人が、東北地方のホテルからコンパクトカーで外出し、回転すし店で食事する様子や、駅のベンチで穏やかに笑い合っている姿をキャッチ。

 矢崎が東北のビジネスホテルで暮らし、都が数年前から東京の自宅との通い同棲のような生活を送っていたが、コロナ禍のために往来を控え、同じホテルに滞在しているという。

「都は2008年、長年公私ともにパートナーだった音楽ディレクターと死別。13年に疲労からくる急性喉頭炎で入院したのを境に活動をセーブするようになり、16年2月にラジオ出演したのを最後に公の場から姿を消していました。一方、矢崎も14年のドラマ出演を最後に活動を停止。昨年9月に『週刊女性』で引退を告白していましたね」(芸能ライター)

 そんな2人の交際が発覚し世間も驚いたが、都の大ファンだという上沼恵美子は3月14日放送の「上沼・高田のクギズケ!」で、内縁の夫との死別後は、都のコンサートに違和感があったと明かした。

「内縁の夫が亡くなられてから、ちょっと生気を失われました」という上沼。新歌舞伎座のコンサートに訪れた際、楽屋もシーンとしており、上沼が送った胡蝶蘭だけが置かれていたそうで、「それもなんかちょっと迷惑だわって顔されてましたよ」と語った。

 一緒にエレベーターに乗り、都は舞台へ、上沼は客席へと別れる間際、「じゃあ、見せていただきます」と言っても、都はそっけなく、まったくやる気が感じられなかったとか。

 さらに、客席の最後列でみていると、客は高齢者ばかり。そんな中、都について「鼻歌のように歌ってはりました。あれだけご高齢の方にうなり節だと失神する方もいらっしゃるかと思ったのかな」 と、活動休止前に気力を失っていた様子を振り返った。

 そんな都が今は矢崎と老夫婦のように仲睦まじく時をすごしているとか。84年、「普通のおばさんになりたい」と引退宣言した都は、90年に復帰したものの、現在、再び活動休止中。ようやく本当に「普通のおばさん」になれたということか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え