スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ロードトゥフェイムが勝つ」

 クラシックは、目と鼻の先。今週は皐月賞トライアル、スプリングSが中山のメインだ。弥生賞ディープインパクト記念ほどではないにせよ、近年、皐月賞やダービーに繋がる一戦として重みが増してきた。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、ここで勝ち負けしてクラシックでも、という馬は、03年ネオユニヴァース(皐月賞、ダービー)、06年メイショウサムソン(皐月賞、ダービー)、09年アンライバルド(皐月賞)、11年オルフェーヴル(3冠)、13年ロゴタイプ(皐月賞)、15年キタサンブラック(菊花賞)など、枚挙にいとまがない。

 距離は皐月賞より1ハロン短いが、本番とは中3週。調整面を考慮し、こちらを前哨戦とみて重きを置く向きも多くなっている。

 今年の顔ぶれも厩舎期待の素質馬ぞろい。クラシックを見据えるうえで、目が離せないトライアルと言っていいだろう。

 有力馬の一頭、ボーデンは未勝利戦を勝ち上がったばかりだが、その勝ちっぷりがすごい。勝ちタイムの1分45秒2(東京芝1800メートル)にも驚かされるが、ほとんど追ったところがなく、2着馬に6馬身もの差をつけている。能力の高さは推して知るべしだ。

 祖母がアドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯連覇)、曾祖母がエアグルーヴ(オークス、天皇賞・秋)という良血であることを思えば納得である。

 むろん、他の顔ぶれもスゴい。共同通信杯2着ヴィクティファルス、きさらぎ賞3着ランドオブリバティ、さらにヴェイルネビュラ、レインフロムヘヴンなど、将来を嘱望される馬ばかり。どう転ぶか、わかったものではない。

 では、過去18年間の傾向を見てみよう。馬単による万馬券は4回(馬連も4回)。そう大きく荒れることはなく、下馬評どおり有力どころが上位争いを演じている。ただ、1番人気馬の5勝(2着7回)に対して、2番人気馬は3勝(2着3回)。1、2番人気馬同士のワンツー決着はわずか1回のみだ。素質馬による争いであっても、そう簡単に人気どおり決まっていないことがわかる。

 穴党として目移りする一戦だが、最も狙ってみたいのは、ロードトゥフェイムである。

 3戦目にして未勝利勝ちを収めたが、それまでの2戦と違って、豪快かつ余裕たっぷりの差し切り勝ち。その勝ちっぷりに能力の高さを感じ、尾形和調教師に尋ねると、「かなり期待していいと思う。とにかくこれからが楽しみ」との答えが返ってきた。

 陣営もそれだけ素質を高く評価しているわけで、続く若竹賞も大外を回して豪快に差し切ってみせた。この時は不良馬場。当方としては良馬場のほうがより力を発揮できるとみていただけに、かなりの力の持ち主と思ってよさそうだ。

 尾形和師はレース直後に「次はスプリングS」と答えていただけあり、調整はすこぶる順調。稽古の動きも滑らかで「さらに良化している」(尾形和師)ことは十分に頷ける。ならば強敵ぞろいのここでも、チャンスは大いにあっていい。

 ディミニュエンド(英・愛オークス)、アストレイ(GIサンルイレイS)など近親、一族に活躍馬が多くいる、なかなかの良血馬。勝負根性があり、晴雨兼用の逸材とあっては、狙わないわけにはいかない。

 穴はイルーシヴパンサーニシノオイカゼだ。

 前者は休み明けで重め残り(プラス24キロ)の前走で2分の1馬身差の2着。血統馬(JC勝ちのルグロリューの近親)であり、使われての変わり身に期待。

 後者は新馬戦を勝ち上がったばかりだが、センスのよさを感じさせる馬。ベルワイド(天皇賞・春)など一族に活躍馬が多数おり、軽視は禁物だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
西武「史上最速で自力V消滅」「借金20でアウト」松井稼頭央監督と平石洋介ヘッドコーチ「セットで退場」Xデー
3
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
4
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
5
テレ朝・斎藤ちはるがラグビー日本体表・姫野和樹とカメラも気にせず寄り添って…