スポーツ

火種になる!?中日・与田剛監督が「福留孝介を敬遠する」ワケとは

 プロ野球シーズン開幕を前に、早くも各球団の「アキレス腱」がささやかれ始めた。球界事情通たちに座談会形式で語ってもらうと─。

A(ベテラン遊軍記者) 開幕を前に、オープン戦MVPは阪神の佐藤輝明で間違いないだろう。

B(民放局プロ野球中継スタッフ) 相手チームも球種やコースの得手不得手を知るためにわざと打たせた部分はあるのでしょうが、さすがに開幕を目前に控えた本番さながらのボールを弾き返す打棒は本物ですよ。

C(球界OB) でも、その新人らしからぬ態度を不遜と思うスタッフもいるみたい。

D(NPB関係者) 周囲からの評判を気にしない性格で、先輩やスタッフにズケズケと意見することもしばしばのようですからね。

E(スポーツライター) そうそう。今のところは生意気キャラで収まっているけど、見ようによっては無礼にも映る。

B 中日では、今年から古巣復帰を果たした福留孝介の扱いが不自然です。キャンプ中の練習試合で結果を残しても、開幕ギリギリまで1軍昇格は見送られてきました。

E 与田剛監督の意向が大きく働いている。阪神時代から首脳陣批判をしてヒンシュクを買っていた福留は、チームの分断を招く存在になりかねないからな。

D 最後まで獲得には反対していましたからね。世代交代を方便に、福留を2軍に幽閉しようと試みましたが、肝心の根尾昴や岡林勇希ら若手の打率は2割そこそこの体たらく。しびれを切らせた大島宇一郎オーナーが、福留を昇格させるよう命じたと言います。

C 火種となりそうな構図の関係だな。

 田中将大や佐々木朗希など、各球団の注目選手の情報も満載となった座談会の完全版は、3月23日発売の「アサヒ芸能」4月1日号に掲載されている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
5
大臣になった扇千景が怒りに震えた人間国宝の夫「御開帳ハレンチ写真」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史