芸能

綾瀬はるかVS田中みな実、“ノースリーブで揺れ揺れ”の美バスト「頂上決戦」!

 綾瀬はるかと田中みな実。お互いに、ノースリーブで歩きながら、美バストを揺らすシチュエーションまで条件を合わせた、「CMガチンコ勝負」が実現した。

 まずは、人気女優の綾瀬。3月12日から公開されたユニクロのカップ付きインナーのCMの「走るクルマ」篇だ。

 綾瀬は雨上がりの町を軽やかなステップを踏みながら歩いている。と、目の間を走行中の車が通り過ぎた瞬間、水たまりの水が跳ねてシャツがビショビショに。すると、綾瀬はシャツを脱ぎ、上半身は白のカップ付きインナー1枚に!タイトなつくりのため、推定Fカップの胸元とくびれがはっきりとわかる。

「まぁ、大丈夫か!」

 周囲の視線を気にする素振りもみせずにつぶやくと、左を向いて横バスト、今度は右を向いて反対の横バストをアピール。道端に置いていたカバンを拾う時には“渓谷”をチラ見せするサービスまでしていたのだ。

「ふだん着の日が、人生になる」

 そう言ってバストを揺らしながら街中を歩き出すと、画面が縦に二分割になり、綾瀬の顔と胸元がドーンとアップになって終わった。

 一方、相対するのはフリーアナの田中。

公開中のニベア花王のCM「デオプロテクト&ケアスプレー『スプレー誕生』篇」で本領発揮している。

 白昼のシチュエーションで、肩から腕を大胆に肌見せしたワンピース姿で汗ダクの田中が、

「シューしたい、シューしたい」

 と連呼しながら室内に入ってくると、デオドラントスプレーを手に取り、

「制汗剤が汗、ニオイを防ぐのはあたりまえ」

 と言って、デコルテラインやうなじにスプレーを吹きかける。汗がひいて涼しげな表情で田中がビル内を歩きだすと、ついにカメラがワンピースの胸元を映し、ド迫力Eカップとご対面。さっそうとリズミカルにバストを弾ませながら歩きだすのだった。

 CM内のセリフもそれぞれドキッとする─そんな、綾瀬と田中の「美バスト頂上決戦」の気になる詳細は、3月23日発売の「アサヒ芸能」4月1日号で特集されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」