芸能

吉岡里帆「あざとい色香」の女優サバイバル戦略(1)女性誌で水玉Dカップを出しまくり

 CMで見ない日はないほどの吉岡里帆だが、主戦場のドラマとなると評判はいまひとつ。そんな中、満を持して1年4カ月ぶりに連続ドラマの主演で帰ってくる。水面下では、女性誌で「あざとい色香」をアピールするなど、全方位外交で人気挽回に躍起になっているのだ。

 世の男性を虜にし続ける清純派女優・吉岡里帆(28)が、ついに地上波ドラマに戻ってくる。4月8日スタートの連続ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)で、吉岡はヒロインの久遠あいこを演じる予定だ。19年10月クールのドラマ「時効警察はじめました」(テレビ朝日系)以来、実に1年4カ月ぶりの地上波ドラマ出演となる。

「グラビア雑誌にも定期的に登場するほど男性ウケはいいのですが、女性からは演じる役のイメージからか『あざとい』などと揶揄され、女性人気が芳しくない。新ドラマは大人のラブコメディで、吉岡さん演じるあいこは『夢ナシ、彼氏ナシ、仕事ナシのアラサー女子』という設定。ダメ男を引き寄せる『ダメ男ホイホイ』の役は、女性の共感を得る対策にもなるかもしれません」(テレビ誌記者)

 圧倒的な男性人気に比べて、女性人気がイマイチなのは、吉岡サイドも十分意識しているところ。そこで最近は、積極的に女性誌にも登場するようになった。3月12日発売の「ar(アール)」(主婦と生活社)4月号では、表紙と巻頭に登場。表紙では、ほぼメイクをしていないすっぴん同然で、胸元ざっくりな水玉の白キャミソールを着用した写真が使われている。まさに「あざとセクシー」の真骨頂と言うべきか。実際、女性向けの雑誌にしては、推定Dカップの胸の谷間がやたら目を引くが、ファッション誌の女性ライターはこう見立てる。

「胸が大きいモデルは本来、ファッション誌に向いていません。タイトな服や露出の多い服を着せると、服の印象よりもセクシーさが際立ってしまうからです。そうした意味では里帆ちゃんはモデル向きではありませんが、あえて色白のもっちりふんわりボディを強調して、徐々に女性人気も出てきています。彼女が掲載されると、女性読者だけではなく、男性からの需要があるのも納得できます」

 同誌で吉岡は、背中がパックリあいた大胆な白レースのワンピースも披露。首の後ろで結んだ紐をほどけば、すぐにハラリと脱げてしまいそうな華奢な姿だ。思わずむしゃぶりつきたくなるような美背中が、エロスを醸し出している。

 しかも露出をいとわない吉岡は自身のインスタグラムにも、「ar」登場の告知を投稿。「この写真に写っていない胸から下は、もしや何も着ていないのでは」と思わせるほどセクシーな3枚の写真がアップされているのだ。

 女性向けのファッション誌とはいえ、男の妄想を掻き立てるには妖艶すぎるショットばかりなのである。

 世間のイメージよりも、実際の吉岡の評判が高いと教えてくれたのは、ファッション誌ライターだった。

「里帆ちゃんは素直で生真面目、天真爛漫な優しい子。一般的な女性人気がないなんて信じられません。現場のお弁当をスタッフと一緒に食べたり、最近ハマッていることや面白かったことなどを話したり、気さくで話しやすい。相手の目を見て話し、ボディタッチも多いので、オヤジキラーの一面もあるかもしれません(笑)。『顔が好みド真ん中な上に、いい子すぎて、目を見て話せない』と秘かにメロメロになっている男性スタッフが多いんです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ