芸能

美女アナ「フェロモンパーツ」選手権(1)テレ朝・森川夕貴の「美指」に注目

 番組内容がまるで頭に入らないほど興奮し、ついつい「刺激的な部分」を凝視してしまう──。美女アナたちのボディは、タレントを凌駕する魅力で溢れている。アナウンス力と双璧を成す「フェロモン力」に敬意を表し、じっくりと愛でてみたい

 アサ芸は美女アナたちを全角度分析するにあたり、各局関係者から「部位別」の濃厚情報を得るべく、徹底ヒアリングを実施した。結果、ここに「フェロモンパーツ選手権」を開催する運びとなったのである。

 最新情報として飛び込んできたのは、テレビ朝日・森川夕貴アナ(27)に関するものだった。同局の公式ユーチューブチャンネルで配信されているシリーズ企画「森川夕貴、巨大魚をさばく」では、ヌタウナギやアカヤガラといった珍魚を相手に悪戦苦闘している。

「エグい魚に目が行きがちですが、このシリーズの本当の見どころは、彼女のなまめかしい『美指』ですよ」

 こう指摘するのはテレ朝関係者だ。

「長くて形状が美しいだけでなく、学生時代に吹奏楽部でトランペットに没頭した影響もあってか、しっかりと使い込まれた雰囲気も漂わせている。魚をさばく企画は本人の持ち込みとのことですが、自分の指に自信があってこそでしょう」

 そんな「美指」は、ネット上でなんともハレンチなバズり方をしていた。このテレ朝関係者も頭を抱える始末で、

「今年に入り、『森川夕貴の手コキシーン』と称する動画が急拡散しているんです。テレ朝の公式チャンネルを登録しているとオススメ動画として表示されるようになり、森川自身も目にしてしまう事態に発展しました」

「これは手慣れてます」と題された、わずか7秒の「手コキ動画」を再生すると、銀色の筆箱のようなものを右手で巧みにシコシコと上下にシゴき、まさしく「手コキ」そのもの。

 コメント欄には〈すぐにイッてしまった〉といった「射精報告」が数百件、書き込まれるほどの評判で、延々とシゴき続けるように再編集されている「耐久版バージョン」まで登場。合計60万再生の大ヒット動画となっているのだ。

「彼女がシゴいているのは、テレ朝公式動画で紹介した『ネコ用おもちゃ』のケース。この動画は同僚スタッフの間でも共有され、オカズにされている。彼女も普段から『美指』をイヤラシイ目で見られるようになり、困惑していますよ」(テレ朝関係者)

 実は「美指部門」は、人気アナによる激戦区。女子アナ評論家の春山マサハル氏が解説する。

「指の可愛らしさではフジテレビ『めざましテレビ』の新MC・井上清華アナ(25)が群を抜いている。彼女は足の指もネイルサロンのサイトで公開していますが、見事な美足指。鷲見玲奈(30)は欧米人のようなスラリと長い指で、ツルツルの指裏が生ツバものです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
加藤綾子、明石家さんまが明らかにした“多忙は関係ナシ”の超肉食オトコ選び