女子アナ

「スッキリ」岩田絵里奈アナが“艶”ヒップ強調ポーズで「ラヴィット!」潰し!?

 3月29日から、麒麟・川島明と田村真子アナがMCを務める情報番組「ラヴィット!」(TBS系)がスタートした。同番組の内容に、視聴者からは厳しい意見があがったという。

「『ラヴィット!』は、立川志らくがMCを務めた『グッとラック!』の後継番組としてスタート。これまで政治や芸能ニュースを伝えてきたTBSの朝枠でしたが、『ラヴィット!』では生活密着情報メインのスタイルへと一新されました。そのため、冒頭から『超一流パティシエが選ぶ、一番おいしい「セブンイレブン」のスイーツは!?』という特集を50分近く放送したのですが、視聴者からは『まったく目新しさがなく、どこかで見たような企画』『「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)にそっくり』『これなら「グッとラック!」のほうがマシだった』と辛辣な意見が並びました」(テレビ誌記者)

 また「ラヴィット!」といえば、出演者に吉本芸人を総動員していることで、吉本と契約が終了した加藤浩次の「スッキリ」(日本テレビ系)を潰そうとしているのではないかとの噂も一部で飛び交った。そんな中、この日から「スッキリ」にMCとして加わった岩田絵里奈アナが、冒頭で思わぬ「サービスシーン」を披露し、視聴者の注目を集めたという。

「この日の『スッキリ』は冒頭、海外でブームになっているという“重心チャレンジ”を取り上げました。そのチャレンジは、床に両ヒジを立ててよつんばいになった状態で、後ろに両手を持っていっても体を支えることができるかというもの。そこでスタジオでは、加藤のほか、岩田アナも挑戦することに。すると岩田アナは、マットの上でよつんばいとなり、ヒップを大きく突き出すポーズをしばらく披露し続けたのです。これには視聴者の間で、『岩田アナが朝から艶すぎる! スッキリしました』『岩田ちゃんが初回から凄い! これは裏の「ラヴィット」を潰しにきたか!?』『なんて素晴らしいヒップライン』と称賛する声が相次ぎました」(前出・テレビ誌記者)

「ラヴィット!」VS「スッキリ」の戦いに注目が集まる中、初回は岩田アナのおかげで、「スッキリ」の圧勝となったようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…