社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<栄養型うつ>腸内環境を整えて「うつぬけ食事」を

 うつ病患者が増えているという。季節の変わり目という要因だけでなく、コロナ禍も手伝い、リモートワークや外出自粛できちんと食事を摂らなかったり、軽食ですませている人は「栄養型うつ」になる可能性が高いからだ。

 これは栄養の摂取不足や吸収不良などの問題で、心や体に不調が起きる症状。特に疲労やストレスが蓄積されていると、たんぱく質とビタミンB群の消費量が増えるといわれている。

 近年は、うつと栄養の関係性が指摘されるようになり、栄養面から症状を改善しようという「うつぬけ食事」が注目されている。ベストセラー「うつ消しごはん」(方丈社)の著者である精神科医の藤川徳美氏によると、1日に卵3個と肉200グラムが「うつ消しごはん」の基本だという。特に卵はビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含むため、「完全栄養食品」と言える。

 さらに、うつの原因であるストレスは、腸内環境を整えることで低減するとも言われている。そのため、乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維などを含んだ食材を積極的に摂取することもおすすめだ。

 国立精神・神経医療研究センターによると、

「緑茶を1日4杯以上飲む人は、1杯以下の人よりもうつ病リスクが半分になる」

 という結果が出ている。これは緑茶に含まれるカテキンやテアニンによる免疫力が影響していると考えられる。

 注意してほしいのは、糖質の摂りすぎだ。血糖値が乱高下し、不安やイライラが生じやすくなる傾向がある。炭水化物やお菓子などに偏った食事をしている人は気をつけてほしい。

 糖質過多を控え、ヨーグルトや緑茶を添えたバランスの取れた食生活が、栄養型うつ解消の近道かもしれない。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白