スポーツ

掛布雅之が痛烈に「ダメ出し」した巨人・岡本和真の打撃練習法

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル「高木豊Takagi Yutaka」に、ミスタータイガースの異名も取った元プロ野球選手の掛布雅之氏が出演した。

 3月26日に開幕した日本プロ野球だが、セ・リーグを2連覇している巨人にとって、気持ちは早くも「打倒ソフトバンク!」とばかりに日本シリーズに向かっているようだが、その巨人のキャンプ地を訪れた際に目にしたバッティング練習に掛布氏が、「物申す」姿を見せた。

 3月27日の投稿回を観てみると、「(ピッチャーがバッターの)5メートルぐらい前から投げてバッティングしてるの」と言う掛布氏。ソフトバンクピッチャー陣の強く、速いボールに対応するための練習だと思われるが、高木氏が「それどう思います?」と質問すると、掛布氏は「ダメ!」と即座に返した。理由は構えの「間がない」こととし、昨年、本塁打・打点の二冠を獲った岡本和真だが、最初から肩の入った構えになってしまい、あとは上体を開くしかない形になってしまうと、この練習方法に疑問を呈した。

 さらに掛布氏は、「速いボールを打つために、それ以上の速いボールを打ったり、マウンドを近くしたりだとかは、俺は反対なの! 緩いボールを打てっていうタイプなの!」と逆提案。3度の三冠王に輝いた落合博満氏が、現役時代、緩い球をバットコントロールで右に左に打ち分ける練習をしていたことは有名な話だが、ゆえに「だから落合流が俺は速い球を打つためには一番良いと思うんだよ」と強調したのだった。

 巨人首脳陣が編み出した練習方法が吉と出るか凶と出るか。お手並みをまずは拝見するとしよう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫