スポーツ

掛布雅之が痛烈に「ダメ出し」した巨人・岡本和真の打撃練習法

 元プロ野球選手・高木豊氏のYouTubeチャンネル「高木豊Takagi Yutaka」に、ミスタータイガースの異名も取った元プロ野球選手の掛布雅之氏が出演した。

 3月26日に開幕した日本プロ野球だが、セ・リーグを2連覇している巨人にとって、気持ちは早くも「打倒ソフトバンク!」とばかりに日本シリーズに向かっているようだが、その巨人のキャンプ地を訪れた際に目にしたバッティング練習に掛布氏が、「物申す」姿を見せた。

 3月27日の投稿回を観てみると、「(ピッチャーがバッターの)5メートルぐらい前から投げてバッティングしてるの」と言う掛布氏。ソフトバンクピッチャー陣の強く、速いボールに対応するための練習だと思われるが、高木氏が「それどう思います?」と質問すると、掛布氏は「ダメ!」と即座に返した。理由は構えの「間がない」こととし、昨年、本塁打・打点の二冠を獲った岡本和真だが、最初から肩の入った構えになってしまい、あとは上体を開くしかない形になってしまうと、この練習方法に疑問を呈した。

 さらに掛布氏は、「速いボールを打つために、それ以上の速いボールを打ったり、マウンドを近くしたりだとかは、俺は反対なの! 緩いボールを打てっていうタイプなの!」と逆提案。3度の三冠王に輝いた落合博満氏が、現役時代、緩い球をバットコントロールで右に左に打ち分ける練習をしていたことは有名な話だが、ゆえに「だから落合流が俺は速い球を打つためには一番良いと思うんだよ」と強調したのだった。

 巨人首脳陣が編み出した練習方法が吉と出るか凶と出るか。お手並みをまずは拝見するとしよう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
緊急通報!森昌子の「薬物中毒」入院大騒動で始まった「離婚劇」の場外乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス