芸能

山田邦子を「司会でも成功」に導いたアノ“先輩芸人”「説得力ある一言」!

 山田邦子と言えば、1981年から89年まで放送された人気お笑い番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)を始め、クイズ番組「クイズ!年の差なんて」(フジ系)、バラエティ番組「MOGITATE!バナナ大使」(TBS系)など数多くの人気番組に出演。また、89年から92年まで放送された「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(フジ系)を代表するように、自身の名前が入った冠番組を持つようにもなり、「唯一天下を獲った女性ピン芸人」の呼び声も高い。

 そんな山田が、自身のYouTubeチャンネル〈山田邦子 クニチャンネル〉で、ピン芸人としてデビューした当時を振り返り、司会業ができるまでに成長したのは、ある大物“先輩”芸人の言葉のお陰だったと明かしている。その人とは、かつて芸能事務所・太田プロダクションで先輩・後輩の関係にあった、ビートたけしだ。4月1日付けで〈【ビートたけし山田邦子の生き方を変えた言葉について【名言】〉と題して公開された投稿回だが、当時、番組収録では自身のネタ部分が終わると、あとは他の共演者の話も聞かずボーッとしていたという山田。それを見かねたたけしが、「お前さあ、ネタのとこだけが仕事だと思ってないか?エンディングやオープニングも仕事なんだよ。(中略)『アハハ』でもいいから参加しろ」と、そうでなければ編集でカットされていなかったことになると指摘したという。

 前に出ることが得意ではない山田だったが、それから人の話を聞いてリアクションするようになり、「司会ができるようになって」と振り返ったのだった。

 芸歴40年を数える山田。たけしの説得力ある一言がなければ、「唯一天下を獲った女性ピン芸人」は生まれなかったかもしれない、興味深い話が拝聴できた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原巨人が今オフ大量戦力外通告の大ナタ「30歳前後の右リリーフ投手」が対象に
2
AI予測「勝率10%」の絶望から大逆転した藤井聡太「普通ではない飛車」に解説者が思わず…
3
引退表明・小野伸二が中田浩二を唸らせた中村俊輔との「雲泥点」
4
中国に高く売りさばいて年収3000万円「ホタテ御殿」漁業者が今さら泣きつく「禁輸措置から救済」のご都合主義
5
オリックス・山崎福也10勝到達の格安左腕は「FA移籍なら広島カープ」の裏事情