芸能

川口春奈、「ギャルだった11年前自分を叱責」動画でわかった“イケイケ体質”

 雑誌「ニコラ」は、中学生女子のナンバーワン雑誌とも称され、創刊から25年が経った今も読者から支持を得ている。その理由には、小6から高1まで、総勢20名を超える専属モデルの存在があるだろう。2001年開催の第4回「ニコラオーディション」でグランプリに輝いた新垣結衣を始め、第10回グランプリの能年玲奈、第13回グランプリの池田エライザ、藤田ニコルなど、華やかな面々がデビューを飾っている。

 そんな中、第11回グランプリを受賞した川口春奈が、みずからのYouTubeチャンネル〈川口春奈オフィシャル はーちゃんねる〉で、ギャルだった中学生時代を振り返ったところ、自身にツッコミ満載の展開となった。その中身とは…?

 5月16日に〈12歳の川口春奈はギャルだった【超貴重映像】〉とタイトルした投稿回がそれで、「ニコラ」に掲載された当時13歳の舌を出した自身のキメ顔に「ベロなんか出すんじゃないよ!」と川口。また「ニコラネット」の映像提供による、当時15歳の秘蔵映像では、腰から提げたヌイグルミのような飾りをカメラに向かって挑発気味にフリフリするひょうきんな姿を見せ、「バカタレ!ちゃんとしろ!」と、またもや自身にツッコミ。「終わりました~」と移動用のバスを降りる際のゆるっとした姿に、「やかましい!ヘラヘラしてんじゃないよ!『終わりました~』じゃないんだよ、早くしろよ!」とまくしたてた。撮影スタジオに用意された風船には臆することなくみずから割りに行くなど、いたずらっ子のような笑顔もふんだんに披露しており、視聴者からは、〈15歳でおてんば娘全開だから、学校でも飾らずこんな感じだったんだろうなあ〉とのコメントも寄せられていた。

 YouTubeで見せる果敢なチャレンジ精神は、この頃からその礎は築かれて、“イケイケ体質”全開な今があるのだろう。そんなことを改めて感じさせる興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像