スポーツ

井納翔一に巨人ファンも大ブーイング!原監督が見習うべき中畑の教育法とは

 昨オフ、2年契約で推定総額2億円により横浜DeNAから巨人へFA移籍した井納翔一投手が、ファンから大ブーイングを浴びている。

 開幕当初は先発ローテーションの一角を期待されていた井納だが、初先発となった3月31日の中日戦で2回も持たず4失点で降板し、そのまま2軍落ち。調整後、5月4日に1軍に昇格して7日のヤクルト戦でリリーフとしてマウンドに立つも、いきなりサンタナに本塁打を浴びた。9日の登板では1回を無失点で抑えたが、以後、12日の古巣・横浜戦で1失点、続く19日の広島戦で満塁弾を食らうという惨憺たる内容で、20日に2度目の2軍降格となった。

「出れば打たれるといった具合で、防御率は20日時点で14.40。横浜戦で打たれた際はネット上で《ふるさと納税》とヤユされたほどで、巨人ファンからも《横浜のスパイかよ》《マジで笑えない》《ウィーラー年俸5000万円で井納1億ってどういうことだよ》などと怒りの声が噴出しています。入団会見の際、『時には中4日で回ってもらいたい』と、若手への手本としての期待も語っていた原監督としては、大誤算もいいとこでしょうね」(野球ライター)

 そんな井納はかねてより“宇宙人”とのアダ名がつくほどの変わり者で有名。中畑清氏も横浜監督時代、「こちらが意図しているのと違う答えが返ってくる。会話が成り立たない」と評していたほどだ。

「それでも中畑氏の場合、『アイツはオレと同じですぐ調子に乗って天狗になる。鼻っぱしを折ってやらないと』『20点とられても代えない。さらしものにする』などとも話し、井納には人間教育の面も含め。とりわけ厳しく接していたようです。現在の井納が気が抜けている状態かどうかはわかりませんが、巨人に移って友達感覚で選手に接するタイプの宮本和知投手コーチの指導を仰いでいては、それこそ井納には何も響かないのではないか。今度1軍に上がってきた際は、原監督も中畑氏を見習い、直接ガツンと雷を落として追い込まなければ、井納はいつまでも目覚めないのかもしれません」(前出・野球ライター)

 巨人ファンも、一度ぐらいは井納の活躍をみたいところだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」