スポーツ

中畑清が土井正三に“生き様と心遣い”を教わった「初打席」後の忘れない一言

 元プロ野球選手、故・土井正三氏。現役時代は主に2番に起用され、打線では長嶋茂雄氏、王貞治氏への繋ぎ役として活躍し、巨人のV9時代を支えた主力選手の1人であった。

 土井氏は1978年に引退。79年と80年に巨人の一軍守備・走塁コーチを務め、長嶋監督にアピールするためにも、調子を問われた際には「絶好調です!」と返すよう、元プロ野球選手・中畑清氏に指示したことでも知られ、以来、中畑氏が「絶好調男」と称されるようになったのは有名な話だ。

 その中畑氏が5月22日、元プロ野球選手の高木豊氏のYouTubeチャンネルに出演。当時現役だった土井氏にかけてもらった有難い言葉について思いを振り返った。

 語られたのは77年、中畑氏が初打席、初ヒットを放った甲子園球場でのことだった。次のバッターの土井氏がショートゴロでゲッツー。ベンチに戻った中畑氏に土井氏は、「お前の初ヒット、生かせなくて悪かったな」と申し訳なさそうに肩を叩いたのだとか。

 これを、「今でも忘れない」と振り返る中畑氏。雲の上のような存在であるV9戦士が自分のような若造に声を掛けてくれるなど思いもしなかったようで、「生き様とかさ、言葉の使い方とかさ、そういうのにヒントをもらったような気がしたな。こういう心遣いっていうのが、一番人って大事なんだよなっていうものを教わったな」としみじみ語った。

 その言葉が後に、横浜DeNAベイスターズで監督も務めた中畑氏の糧になったことは間違いないであろう。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋