芸能

深田恭子 雅子さまも闘病中「適応障害」の深刻病状(3)外食自粛が解禁されれば…

 中学2年生でデビューし、その後も主演・ヒロイン級の役どころでドラマや映画に出演し続けた深田には、また別の懸念もある、と語るのは芸能ジャーナリストの竹下光氏だ。

「単純にこの休息が『燃え尽き症候群』を進行させないか心配です。不意の休息でいろいろと考える時間ができたというのも、一概にいいことばかりとは言えないかもしれない。同じ事務所の石原さとみ(34)や、戸田恵梨香(32)、新垣結衣(32)ら、同じ時代のドラマヒロインたちが次々に結婚し、プライベートで幸せをつかむ中、『自分は何をしているんだろう?』というふうに考え込んでもおかしくはない。そのまま結婚、引退という道に向かわないとも限りません」

 一方で、中原氏からはポジティブな意見も。

「適応障害は、発症の原因となるストレスが取り除かれれば、たちまち快方に向かう病気でもあります」

 深田は年齢を重ねても変わらない美貌で、たわわな肢体を写真集などで定期的に披露するなど、世の男性諸氏にとっては女神のような存在だ。なんとか引退という悲しい事態だけは避けてほしいのだが‥‥。

 今のところ、深田本人や関係者が目指すのは、発症のトリガーとなったストレスの特定と、その解消であることは間違いない。その点で、深田に近しい関係者からは、次のような証言が寄せられた。

「婚前契約書まで交わした実業家の恋人との破局がストレスの原因か、とメディア関係者から聞かれたりもしましたが、それはないです。ふたりはまだ交際中で、『長い春』を満喫していますよ。それよりも、深田のライフスタイルが激変したのが大きな問題。彼女は若い頃から新宿二丁目での目撃談が絶えないなど、大人数で楽しくお酒を飲んで仕事の鬱憤を発散するタイプなんです。コロナ直前までも、仕事が終わったら気の置けない仲間を集めてよく飲み会を開いていましたが、それができなくなった。コロナ禍での飲食店時短営業、酒類の提供不可が、重いストレスになったんですよ」

 このご時世、友人や仕事仲間と飲み歩いて写真でも撮られようものなら、一気にバッシングの嵐を受けることになる。それは飲食店を介さないホームパーティーなどでも同様だろう。この関係者が心配する。

「ステイホームの風潮が定着してからは、趣味のサーフィンにも行けていない。夜遊びできなくなって、最近は夜早く寝て朝5時に起きる生活だという話です。それだけ聞くと、健康的とも言えますが‥‥」

 深田がリフレッシュして復帰するにはコロナ終息が不可欠なようだ。再び奔放な生活を取り戻し、「自粛」しない生ツバ艶技を見せてくれるよう待つしかない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」