芸能

尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(2)撮影時は必ずベージュの肌着

 最近では、現在公開中の主演映画「茜色に焼かれる」のプロモーションで、数多くのメディアに出ていた女優・尾野真千子。「婦人公論」21年5月25日号では、〈普段の私は、自由ですね。好きなように生きてる。恋愛だって自由ですよ。自ら恋愛禁止と決めていたのでは、おおらかじゃない顔になる。やりたいこと、気持ちが動くことをして、好きな人ができたら好きになる。そんな感じで暮らしてます〉と、ふだんはあまり明かさない奔放な恋愛観を披露するサービスぶり。本人も意欲作とあって、リップサービスは出し惜しみしていない。

 その恋愛遍歴も見逃せまい。12年に当時既婚者だったお笑い芸人のほっしゃん(現・星田英利)との不貞を思い出す人も多いだろう。相合傘&ドライブデートが「FRIDAY」でスクープされ、多くのメディアで連日報道されていた。さらに、ほっしゃん不貞の前年には、今や人気俳優となった高橋一生との熱愛騒動が話題になったことも。同棲していたとの話もあったが、結局、高橋ともほっしゃんとも成就することなく終わったことで、「恋多き女」というより、いいオンナの印象を強めた。

 15年7月には、大手芸能事務所の専務(当時)と結婚するが、17年9月に離婚。わずか2年の結婚生活だった。

「尾野さんのプライベートといえば、ファッションにあまり興味がなく、撮影現場に来る時はいつも上下揃いのジャージの印象が強いですね。コロナ禍になってからは断捨離をしていて、物欲もあまりないそうです。唯一の趣味が海釣りで、さばけた男らしい性格の方です。ただ、ラッキーカラーであるベージュ色の肌着にはこだわっていて、撮影の時は必ずベージュの肌着だと聞きました」(ファッション誌編集者)

 そんな女優魂を持ち合わせているからこそ、今回、シングルマザーの性サービス嬢に扮して推定Fバストのバストトップを露わにし、深く咥え込む口技の艶技まで披露した「茜色に焼かれる」に限らず、体当たりぶりが、高く評価されるのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張