社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<真菌症>長引く咳やくしゃみ。カビによる肺炎が怖い

 夏のムシムシした季節に欠かせないエアコン。久しぶりに使用すると、カビ臭い匂いが部屋に充満して‥‥という経験を誰もがしたことあるだろう。実は近年、室内のカビの吸引による病気が増えているのだ。

 カビの胞子を大量に吸うことにより、喘息、アトピー性皮膚炎、気管支炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など、アレルギー症状を引き起こすリスクが高まる。寝具や部屋の掃除をしても、喘息やくしゃみなどのアレルギー症状が改善しない場合は、カビが原因となっている可能性もあるのだ。

 最も怖いのはカビによる肺炎「肺真菌症」で、カビが肺に感染することで湿った咳や痰、体重減少などの症状が現れる。重症化すると、血痰が出る「肺アスペルギルス症」を発症する危険も伴う。健康な人の場合は、感染を起こすケースは稀だが、免疫力低下や肺に基礎疾患がある人は感染リスクが高まると考えられているだけに、注意が必要だ。

 検査は、胸部エックス線検査や胸部CT、血液検査など多岐にわたる。顕微鏡で痰を観察すると、真菌が発見される場合もある。治療は抗真菌薬を用いるのが一般的だが、「肺アスペルギルス症」が薬で改善しなければ、手術で取り除くことも。

 カビからの健康被害を避けるためには、部屋の掃除が重要だ。まずは、エアコン内部と台所や冷蔵庫の裏。特に水道の蛇口周りにはカビがはびこりやすい。

 湿度対策もポイント。室内の湿度を50~60%程度に保てば、カビは生育しにくい。乾燥対策として加湿器を年中使用している人もいるが、かえってカビが増殖するリスクを高める。

 あとは、換気をすることも忘れずに。窓を開けたり、扇風機を使用するなど、室内の空気を循環させる工夫をしよう。掃除の際は、マスクや軍手の使用も心がけたいところだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道