芸能

小芝風花、非モテ設定ドラマで浮上した隠しきれない“美とバスト”問題!

 7月6日に放送されたSexy Zone・中島健人と小芝風花がダブル主演するドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)第1話の視聴率が7.6%だったことがわかった。同ドラマは、人気韓国ドラマが原作だという。

「『彼女は─』は15年に制作された韓国ドラマのリメイクで、デブで冴えない少年からイケメンエリートになった青年と、美少女から無職になった地味系女性の恋愛を描いた作品です。日本版では、エリート青年を中島、残念女子を小芝が演じるということで話題に。しかし、カンテレ(関西テレビ)制作の火曜ドラマは近年、視聴率が苦戦していますが、今作もまた初回から1ケタと厳しいスタートとなってしまいました」(テレビ誌記者)

 そんな「彼女は─」で小芝が演じる主人公はモテない設定であるため、バイト先で客から頭に酒をかけられるなど男性にひどい扱いを受けるシーンが続出。すると視聴者からは、その演出に関して疑問の声が相次いだという。

「ドラマでの小芝は、ソバージュヘアに地味なファッションで冴えない女性を演じているのですが、顔が美人のままであるため、視聴者から『可愛すぎてブス設定に無理がある!』との声が相次ぐことに。さらに彼女が全力疾走するシーンでは、シャツ越しにバストが“ユッサユッサ”と激しく揺れる場面もあったことで、視聴者から『美人でバストもあるとか最高の女性では!?』『彼女は美バストだった!』と驚きの声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

 視聴率的に厳しいスタートとなった「彼女は─」だが、今後は小芝の魅力によって徐々に数字がアップしていくことを期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…