芸能

「無観客」東京五輪“裏”ガイド<女子アナすり寄り作戦>(2)フジ・宮司愛海はあの野球選手にアピール?

 次期エースを狙う二番手ポジションも精鋭ぞろい。中継番組キャスターに大抜擢された保里(ほり)小百合アナ(31)は芳醇な三十路ボディと相まって、ポテンシャルを秘めた逸材だと評判なのだ。

「子役出身でNHKらしい素朴さを感じさせる愛嬌があります。豊満なヒップラインが話題になることが多く、五輪中も屋外でのパンツルックとスタジオでのタイトスカートという2パターンの衣装で悩ましい腰つきを披露してくれるでしょう」(丸山氏)

 そして、デイリーハイライトキャスターとして1日の競技を振り返るのは副島萌生アナ(29)だ。視聴者に向けた“すり寄り作戦”は開会の4カ月前から秘かに実行されていた。

「3月20日放送の『サタデースポーツ』で真っ赤な“日の丸ニット”を披露したんです。ピッタリめの衣装で、推定Eカップのド迫力バストからフェロモンを発散。名古屋から東京アナウンス室へ異動する前から『五輪特番を担当したい』と上司に直訴したほど、五輪愛にあふれていただけに、中継キャスターの枠から漏れた時には涙を流して悔しがったといいます」(NHK関係者)

 ぜひ、その無念を肉感的なスタジオ衣装で発散していただきたいものだ。

 対する、五輪関連番組を含めると計450時間超を放送する民放局のキャスターたちも負けてはいない。

 フジテレビの宮司愛海アナ(29)は、特定のアスリートへのアピールに余念がないご様子。民放局ディレクターが耳打ちする。

「かつて、ヤクルトの山田哲人との交際が噂されたほどの野球選手好き。時折、SNSに投稿される手料理の写真は、未来のダンナ候補である野球選手に向けられたものだともっぱらなんです。今最も気になるのは、日本代表のオリックス・山本由伸(22)のようで、五輪特番での急接近を狙っているとか。あのハリツヤ抜群のニット乳でグイグイ来られたら、若い選手はイチコロですよ」

 日本テレビは、大ベテランの有働由美子(52)をスペシャルキャスターに据えて迎え撃つ。

「大本命と言われてきた水卜麻美アナ(34)から勝ち取った大役に、早くも力んでいる様子。緊張を顔に出すことはないと思いますが、代名詞のワキ汗はダラダラの大洪水でしょう。『news zero』との兼任の忙しさで処理が間に合わず、匂い立つような汗エロスをぶちまけてくれそうです」(バラエティー構成作家)

 民放ではアラサーのニット乳と熟ワキ艶技の激突が中継を盛り上げてくれそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」