スポーツ

古田敦也が「投手でキャッチャーミットの色を変えていた」ナルホドな理由

 ヤクルトスワローズ一筋18年だった元プロ野球選手の古田敦也氏。プロ通算2097安打で名球会入りも果たした名バッターでもあるが、故・野村克也監督の代名詞ともいえるID野球を捕手として譲り受け、「ID野球の申し子」として鉄壁の守備を誇る名キャッチャーだった。

 その古田氏が、自身のYouTubeチャンネル「フルタの方程式」の7月17日付投稿動画で、「投手の信頼を得るためにやっていたこととは?」といった質問に回答したところ、視聴者も驚きの古田氏の気遣いが明かされた。

 その気遣いとは、投手によってキャッチャーミットの色を変えていたというもの。90年代前半は、青色は精神集中に効果があり、赤色は闘志に火をつけるといったカラーリングが流行った時代でもあったと振り返る古田氏。ヤクルトのエースとして当時活躍していた岡林洋一氏に好きな色を聞くと、「青でなければ投げれない」と言うほどの青色好きだったことから、岡林氏とバッテリーを組む際には青いミットを選んでいたそうだ。

 また、同時代にクローザーとして活躍した、現ヤクルト監督の高津臣吾氏は、「赤じゃないと燃えない」と口にしていたそうで、1試合の中で青から赤にミットを変えるといったこともあったことを明かし、「赤ミットも使ってたなって思ったけど、そういう理由だったんだ!」といった視聴者も納得のコメントが見受けられた。

 もっとも、この色じゃないと絶対嫌だ! といった自己主張をするのは、古田氏いわくごく少数だったようで、今後、そのあたりを岡林氏、高津氏を同チャンネルに招いて直接聞いてもらいたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ