スポーツ

古田敦也が「投手でキャッチャーミットの色を変えていた」ナルホドな理由

 ヤクルトスワローズ一筋18年だった元プロ野球選手の古田敦也氏。プロ通算2097安打で名球会入りも果たした名バッターでもあるが、故・野村克也監督の代名詞ともいえるID野球を捕手として譲り受け、「ID野球の申し子」として鉄壁の守備を誇る名キャッチャーだった。

 その古田氏が、自身のYouTubeチャンネル「フルタの方程式」の7月17日付投稿動画で、「投手の信頼を得るためにやっていたこととは?」といった質問に回答したところ、視聴者も驚きの古田氏の気遣いが明かされた。

 その気遣いとは、投手によってキャッチャーミットの色を変えていたというもの。90年代前半は、青色は精神集中に効果があり、赤色は闘志に火をつけるといったカラーリングが流行った時代でもあったと振り返る古田氏。ヤクルトのエースとして当時活躍していた岡林洋一氏に好きな色を聞くと、「青でなければ投げれない」と言うほどの青色好きだったことから、岡林氏とバッテリーを組む際には青いミットを選んでいたそうだ。

 また、同時代にクローザーとして活躍した、現ヤクルト監督の高津臣吾氏は、「赤じゃないと燃えない」と口にしていたそうで、1試合の中で青から赤にミットを変えるといったこともあったことを明かし、「赤ミットも使ってたなって思ったけど、そういう理由だったんだ!」といった視聴者も納得のコメントが見受けられた。

 もっとも、この色じゃないと絶対嫌だ! といった自己主張をするのは、古田氏いわくごく少数だったようで、今後、そのあたりを岡林氏、高津氏を同チャンネルに招いて直接聞いてもらいたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」