スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/地元勢に清水が加わる中四国勢有利

【「高知記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎清水裕友/○新山響平/▲佐藤慎太郎/△眞杉匠/村上義弘/佐々木則幸/吉田敏洋/山田英明/山中貴雄/島川将貴/佐々木豪/松本貴治

 レースの格を問わず、完全優勝した選手の勢いは軽視できない。

「高知記念」(7月29日【木】~8月1日【日】)は、ナイターで行われる真夏の祭典、いわき平オールスター(8月10日~)へのGIII最終戦。メンバー多彩な地元勢に清水裕友(26)が加わる中四国が有利とみたが、乗れている東日本の先行選手の逆襲もありそうだ。

 本命は清水。今年の優勝はGII松阪ウィナーズCだけだが、獲得賞金は6000万円を超え、ランキングは3位。来年のトップ9の座は確実視されている。長くなりそうな中四国ラインでの位置取りは微妙だが、自在戦で決着をつける。

 対抗は新山響平。ナショナルチームで鍛えられてスピードはスゴみを増している。前走のFI小田原を3連勝V。ここは佐藤慎太郎のガードが心強く、先制が決まれば押し切りがある。

 あとは、直線伸びる佐藤慎と、積極策で戦う眞杉匠の台頭だろう。

 ホームで動きが一変するのが一昨年の覇者で、昨年も6着だった山中貴雄だ。勝ち上がるまで目標には事欠かず、余力を残して最終日を迎えられるのは何よりのアドバンテージになる。

【大穴この1車】小原佑太(青森・115期)。
 西日本のレースでは好配当が期待できる気鋭の先行だ。圧巻だったのが3月GIII広島(岡山記念代替【1】【1】【4】【3】)。まず初日は2万8320円。2日目の1万8810円は、小原後位の佐藤慎が離れて3着に敗れたためだった。6月GIII福井2日目3着も1万5660円。先日の函館サマーナイトF(【4】【4】【9】)の走りで人気が落ちるようなら、超ド級の万車券になる。

【狙い目の伏兵3人】

 21歳の石原颯(香川)は、逸材ぞろいの117期では遅れてきた大物かもしれない。1月に特昇し、4月GIII奈良(【1】【1】【1】【2】)は4日間バックを取り、決勝戦は僅差の準優勝。その2場所後の久留米(【1】【1】【1】)でS級初優勝を飾った。奈良より相手は格段に強化されるが、四国の1人。決勝戦進出があってもおかしくない。

 磯川勝裕(東京・113期)の今年は、FIで1度決勝戦に乗っただけだが、4度のGIIIで2勝2着3回と健闘している。狙うなら後半戦だ。

 磯島康祐(青森・105期)が1年半ぶりにS級に戻ってきた。師匠は競輪界のレジェンドで叔父の坂本勉さん(引退)。大所帯「坂本ファミリー」の一員でもある。練習仲間の新山らのアドバイスで、まず1勝することが目標になる。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」