スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断」/地元勢に清水が加わる中四国勢有利

【「高知記念」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人!】◎清水裕友/○新山響平/▲佐藤慎太郎/△眞杉匠/村上義弘/佐々木則幸/吉田敏洋/山田英明/山中貴雄/島川将貴/佐々木豪/松本貴治

 レースの格を問わず、完全優勝した選手の勢いは軽視できない。

「高知記念」(7月29日【木】~8月1日【日】)は、ナイターで行われる真夏の祭典、いわき平オールスター(8月10日~)へのGIII最終戦。メンバー多彩な地元勢に清水裕友(26)が加わる中四国が有利とみたが、乗れている東日本の先行選手の逆襲もありそうだ。

 本命は清水。今年の優勝はGII松阪ウィナーズCだけだが、獲得賞金は6000万円を超え、ランキングは3位。来年のトップ9の座は確実視されている。長くなりそうな中四国ラインでの位置取りは微妙だが、自在戦で決着をつける。

 対抗は新山響平。ナショナルチームで鍛えられてスピードはスゴみを増している。前走のFI小田原を3連勝V。ここは佐藤慎太郎のガードが心強く、先制が決まれば押し切りがある。

 あとは、直線伸びる佐藤慎と、積極策で戦う眞杉匠の台頭だろう。

 ホームで動きが一変するのが一昨年の覇者で、昨年も6着だった山中貴雄だ。勝ち上がるまで目標には事欠かず、余力を残して最終日を迎えられるのは何よりのアドバンテージになる。

【大穴この1車】小原佑太(青森・115期)。
 西日本のレースでは好配当が期待できる気鋭の先行だ。圧巻だったのが3月GIII広島(岡山記念代替【1】【1】【4】【3】)。まず初日は2万8320円。2日目の1万8810円は、小原後位の佐藤慎が離れて3着に敗れたためだった。6月GIII福井2日目3着も1万5660円。先日の函館サマーナイトF(【4】【4】【9】)の走りで人気が落ちるようなら、超ド級の万車券になる。

【狙い目の伏兵3人】

 21歳の石原颯(香川)は、逸材ぞろいの117期では遅れてきた大物かもしれない。1月に特昇し、4月GIII奈良(【1】【1】【1】【2】)は4日間バックを取り、決勝戦は僅差の準優勝。その2場所後の久留米(【1】【1】【1】)でS級初優勝を飾った。奈良より相手は格段に強化されるが、四国の1人。決勝戦進出があってもおかしくない。

 磯川勝裕(東京・113期)の今年は、FIで1度決勝戦に乗っただけだが、4度のGIIIで2勝2着3回と健闘している。狙うなら後半戦だ。

 磯島康祐(青森・105期)が1年半ぶりにS級に戻ってきた。師匠は競輪界のレジェンドで叔父の坂本勉さん(引退)。大所帯「坂本ファミリー」の一員でもある。練習仲間の新山らのアドバイスで、まず1勝することが目標になる。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」