芸能

明石家さんまが言及した小山田圭吾と小林賢太郎の辞任・解任“解せない部分”

 明石家さんまが7月24日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。東京五輪開幕直前にミュージシャンの小山田圭吾、劇作家の小林賢太郎氏が相次いで辞任・ 解任というトラブルについて触れた。

 開会式の楽曲制作を担当していたミュージシャンの小山田は、過去の雑誌インタビューでいじめを告白していたことで辞任。開閉会式制作・演出チームで「ショーディレクター」 を務めた元お笑いタレントで演出家の小林氏は、過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱ったコントを演じていたことで解任されている。

 さんまは五輪について語る中、この件にも触れ「23年前やで。オレも23年前、何してたか覚えてないしやな。それでVTRに残ってるコントでラーメンズのあれ(小林氏)が差別問題でダメになってんやろ。あと小山田さんは雑誌に載せてんのやろ? 雑誌にインタビューで答えてるねんけど、その雑誌社とか、VTRを制作した人の気持ちがまったくわからない」と疑問を呈した。

 さらに「ふつう、オレらがそういうことをやったって『これは外に出せません』『この話はおもしろいですけど、これは載せられません』の2つなんですよ。オレらの時代でもやで。そういうのが出てしまうねんからやな」と、時代を考えても納得できない様子。

 加えて、「20何年前のことで、若気の至りやろうけども。雑誌社のインタビュアーも良かれと思ったのか。なんぼ時代が違う言うても、オレらの時代のほうが緩かったからね。それよりも何年か経ってからのインタビューやから…。その辺が理解できないんです、あの2つとも」 と嘆いていた。

 さんまも「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)などでPTAからの苦情も経験したきたはず。表現には注意を払いながら長年活躍してきたのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!