芸能

明石家さんまが言及した小山田圭吾と小林賢太郎の辞任・解任“解せない部分”

 明石家さんまが7月24日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。東京五輪開幕直前にミュージシャンの小山田圭吾、劇作家の小林賢太郎氏が相次いで辞任・ 解任というトラブルについて触れた。

 開会式の楽曲制作を担当していたミュージシャンの小山田は、過去の雑誌インタビューでいじめを告白していたことで辞任。開閉会式制作・演出チームで「ショーディレクター」 を務めた元お笑いタレントで演出家の小林氏は、過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を扱ったコントを演じていたことで解任されている。

 さんまは五輪について語る中、この件にも触れ「23年前やで。オレも23年前、何してたか覚えてないしやな。それでVTRに残ってるコントでラーメンズのあれ(小林氏)が差別問題でダメになってんやろ。あと小山田さんは雑誌に載せてんのやろ? 雑誌にインタビューで答えてるねんけど、その雑誌社とか、VTRを制作した人の気持ちがまったくわからない」と疑問を呈した。

 さらに「ふつう、オレらがそういうことをやったって『これは外に出せません』『この話はおもしろいですけど、これは載せられません』の2つなんですよ。オレらの時代でもやで。そういうのが出てしまうねんからやな」と、時代を考えても納得できない様子。

 加えて、「20何年前のことで、若気の至りやろうけども。雑誌社のインタビュアーも良かれと思ったのか。なんぼ時代が違う言うても、オレらの時代のほうが緩かったからね。それよりも何年か経ってからのインタビューやから…。その辺が理解できないんです、あの2つとも」 と嘆いていた。

 さんまも「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)などでPTAからの苦情も経験したきたはず。表現には注意を払いながら長年活躍してきたのだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」