スポーツ

白鵬、ライブ相撲マンガで今場所総括!20年前の七月場所で果たした「雪辱」も

 白鵬が語る。

「名古屋場所では『チーム白鵬』で戦いました。まず、同じ宮城野部屋の石浦(いしうら)が土俵入りの露払いを務めてくれました。本来、幕下以下の力士が務める付け人に、十両の炎鵬(えんほう)が志願して、サポートしてくれました。そして、もう一人の内弟子である幕下の北青鵬(ほくせいほう)が全勝優勝で、来場所の十両入りを決めてくれました。内弟子たちの後押しが大いに力になった場所でした」

 なるほど、名古屋場所では、白鵬の取組の後、引き上げる白鵬の前に、マスクをつけた炎鵬の姿があった。白鵬軍団を思わせるワンシーンである。

 V45への反響がかまびすしい2021年七月場所であったが、ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」は、20年を遡り、2001年7月、同じく名古屋場所から始まる。序ノ口2場所目、16枚目で負け越し(3勝4敗)、2枚下がって迎えた東序ノ口18枚目で、迎えた初日。対戦相手は、先場所(2001年五月場所)、相撲人生のスタートで黒星をつけられた隆古川(たかふるかわ)。因縁の相手に、白鵬はみごと、寄り切りで雪辱を果たすのであった…。

 この七月場所は5勝2敗とリベンジ。九月場所でも、東序二段97枚目で、5勝2敗の勝ち越し。1年納めで迎えた11月九州場所でも4勝3敗で勝ち越しを決める!

 こうなってくると、部屋の兄弟子たちも黙っちゃいない。目の色を変えて、本気で白鵬にぶつかってくる。来る日も来る日も、地獄の稽古が続く。

「朝が来てくれるな」と泣き、始まってしまう稽古の余りの辛さに泣いた白鵬が、当時を振り返り、言葉を紡ぐ…。

 ページ冒頭には、白鵬自身が語る「名古屋場所秘話」がたっぷりと総括されている。目が離せない同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」の第14番「モンゴルに続く空」は、8月3日発売の「週刊アサヒ芸能」8月12・19日合併号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク