芸能

小島瑠璃子「キングダム破局」で男遍歴をぶっちゃけ放題

「今、前の彼氏とお別れしたばっかりで‥‥」

「彼と結婚するのかなって思ってた」

 7月6日の「グータンヌーボ2」(関西テレビ系)で、大人気マンガ「キングダム」(集英社刊)の作者・原泰久氏(46)との交際を赤裸々に振り返ったタレントの小島瑠璃子(27)。19歳の年齢差や、東京と福岡(原氏の活動拠点)の遠距離恋愛を克服できず、今年6月に約1年間続いた交際にピリオドを打つことに。

「若い頃から結婚願望の強かった小島は、真剣にゴールインしたかったと思います。実際、交際期間中は仕事もセーブしていましたからね。関係者間では『作品のヒットで大金を得て、しかも離婚したばかりの原氏が、もっと遊びたくて結婚に至らなかったのでは』という話です」(芸能ジャーナリスト・平田昇二氏)

 破局を迎えたばかりだというのに、小島はこれまでの「バラエティー不在期間」を埋めるかのように、みずからのプライベート話をぶっちゃけまくっている。

 前述の番組でも「付き合う前に『いたし』ますね。いたす前に付き合うって、どういう勇気?って思う」と「交際前セックス派」であることを告白したかと思えば、過去のオトコ遍歴についても「私、デートすると80%くらいの確率で(写真を)撮られてる」(7月27日放送「テッペン! 霜降りミキXIT」・TBS系)とあっけらかんだ。

 前出の平田氏が言う。

「明らかに、以前にフライデーされた関ジャニ∞の村上信五(39)のことをほのめかしていますね。一応、両事務所も本人たちも認めていない交際だったはずなのですが(笑)。失恋しても前を向いて頑張る姿をアピールして、女性ファンの取り込みに動いているのではないでしょうか」

 しかし、その「男ウケを狙わないキャラ」もやや暴走気味。自身のツイッターで「深夜の爆食い」を投稿しまくり、周囲から心配する声が上がるほどだ。

 例えば5月26日には〈最高の夜食 シュウマイと七味3種とのどごし生〉〈エンジンかかりおかき突入。多分このあとポテチ。〉と立て続けに投稿。7月17日には〈深夜きつねそば、、、。負けた、誘惑に負けた~。〉とこんな具合だ。

「7月19日には『メイクしてもなーんか顔が決まらないと思ったら、太ったみたい』と投稿。しかも、深夜にウインナーやパスタ、おにぎり、さらにキーマカレーを食べたことも報告しています。彼女の優等生キャラは見る影もなく、これまで築き上げたナイスバディも心配ですね」(女性誌記者)

 小島はいったい、どこに向かっているのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム「やればやるほど赤字」東京ドーム試合やめた!釧路も帯広も静岡も「全中止」の衝撃
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「中絶トラブル」広島カープ・中村奨成が成績ナシでも「年俸100万円ダウン」で済んだ理由
4
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」