社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<夏季うつ>夏バテとカン違い。カギは冷房と外出気温

 連日の猛暑で、食欲低下や睡眠不足に悩む人も多いだろう。つい「夏バテ」とカン違いしやすいが、実際は「夏季うつ」かもしれない。

 聞きなれない言葉だが、季節性のうつ病「季節性感情障害」と呼ばれるもので、思い当たるストレスの原因がないにもかかわらず、夏や冬といった特定の季節にだけ症状が出るものだ。

「夏うつ」の場合は、6月~9月に発症しやすい。

「夏バテ」との見分け方は、明確なストレスや理由がないのに、心身の疲れが解消されず、憂鬱な気分が続いているかがポイントになる。

「夏バテ」の場合、おいしいものを食べたり、涼しい場所で十分に体を休めたりすると改善することが多い。

 一方、「夏季うつ」は予定が近づいてくると憂鬱な気分になったり、行楽地に出かけてもリフレッシュできずに、かえって不安や気分の落ち込みを抱え込むケースが多い。

 一番の原因は、外での強い日差しや、冷房などによる疲労の蓄積だ。特に猛暑の時期は、冷房の効いた室内との大きな温度差による変化が、ストレスとなることも多い。

 食欲低下や睡眠不足以外にも、「細かいことが気になり、ついイライラしやすくなる」「慢性的に胃もたれがある」「便秘や下痢など、消化不良が続いている」などの症状が出る場合もある。

 最善の予防法は、暑い中での外出を控えることだ。

 冷たい飲み物を控えて、肉や魚、卵などのタンパク質を摂取することも大切だ。就寝前にスマホを見るのも控えたほうがいいだろう。自律神経の乱れや不眠を引き起こす原因となる。

 湯舟にゆっくり浸かり、寝る時には、体調に合わせてエアコンの調整をすることもおすすめしたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
緊急通報!森昌子の「薬物中毒」入院大騒動で始まった「離婚劇」の場外乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス