スポーツ

松井秀喜、日本最後の本塁打「50号」五十嵐亮太が明かした対戦“秘話”

 巨人時代に首位打者1度、打点王3度、本塁打王3度と数多くのタイトルを獲得した、松井秀喜氏。その松井氏が50本塁打を放ち、3度目の本塁打王に輝いたのは、巨人、そして日本球界最後の年となった2002年。50本塁打は松井氏にとって初であり、セ・リーグでは1985年のランディ・バース氏(阪神タイガース)以来17年ぶり、巨人では77年の王貞治氏以来25年ぶりの快挙となり、以後、日本人選手による50本塁打達成者は現れていない。

 元プロ野球選手の山本昌氏がMCを務める、総合スポーツのYouTubeチャンネル「スポーツライブプラス」の7月31日投稿動画に、ヤクルトスワローズなどで活躍した元プロ野球選手の五十嵐亮太氏が出演。実は松井氏にその50号を献上したのは五十嵐氏であったことから、対戦時の裏話が明かされた。

 10月10日の巨人─ヤクルト戦、松井氏の50号は第4打席目の6球目に生まれている。その際、リリーフとして登場した五十嵐氏は、キャッチャーのサインに首を横に振り続け、全球ストレートで勝負したのだという。当時を振り返り、「今だから言えるんですが…」と口を開いた五十嵐氏。その時すでに松井氏が日本を離れるのでは…と囁かれており、最後の勝負は「真っ直ぐで三振に仕留めて終わらせよう」「僕が決めてたのは三振かホームランかどっちか」と、あえて真っ向勝負で挑んだことを明かしたのだった。

 結果、松井氏のメモリアルな打席となったわけだが、一方で五十嵐氏のプライドと男気を感じさせた貴重な動画である。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故