芸能

ケンコバ、女医から聞いた「コロナワクチン接種後の“夜の営み”」に大興奮!

 コロナワクチン接種後の練習中に倒れ、治療が続けられていた中日ドラゴンズ・木下雄介投手が、8月3日に入院先で亡くなっていたことがわかった。8月7日の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、ワクチン接種後の激しい運動は避けたほうが良い可能性があるという。

「『ゲンダイ』によれば、現時点でワクチンとの因果関係はわかっていないものの、海外でも激しい運動をして倒れたケースが報告されているとのこと。またゲンダイの取材に答えた循環器専門医は、『ウエートトレーニングなど瞬間的に力を出すような無酸素運動は心臓に大きな負担をかけてしまいます』と話し、因果関係は不明なものの『ワクチンの副反応として心血管系トラブルが疑われているとなると、ワクチン接種後の運動には注意が必要です』と呼びかけています」(ウェブライター)

 そんな中、ケンドーコバヤシも8月7日に放送された、自身がDJを務めるFM大阪のラジオ番組で、2回目のワクチン接種を終えたことを報告。その際、担当女医の対応に興奮したエピソードを明かした。

「1回目のワクチン接種時、担当の女医から『何か質問ありませんか?』と言われたケンコバは、この後トレーニングなどをしても大丈夫かと質問。すると、激しい運動や過度な飲酒など、血行を良くすることは控えるようにと女医に言われたのだとか。さらにその後、ハラスメント的な意味でなく、パートナーのために夜の営みをしても問題ないかどうかもまじめに質問したとのこと。この質問に女医は、ケンコバのほうに顔を寄せてきて『大人な感じなら大丈夫ですよ』と優しく囁いてきたそうなんです。彼女はマスク越しでもわかるほど美人女医だったことから、ケンコバは大興奮状態に。そのため、次の仕事まで時間があったこともあり、急いで家に帰って1人で発射してしまったのだとか」(テレビ誌記者)

 コロナワクチンの接種が進む中、美人女医に担当されたケンコバには羨望の声が集まりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション