芸能

これが「令和の新・共演NG」リスト(3)天海祐希と米倉涼子の「視聴率女王」対決

 今年で8年目を迎えた「緊急取調室」(テレビ朝日系)からは天海祐希(54)に登場願おう。このベテラン刑事、いや女優が本腰を入れて取調を行っている捜査対象とは?

 テレ朝関係者が打ち明ける。

「天海さんはインタビューなどでは数字は気にしていないと話しているが、かつて『離婚弁護士』や『BOSS』(共にフジ系)など頼れる上司役で数字を稼いでいただけに、視聴率へのこだわりは生半可ではありません。台本に関しては脚本家に任せているものの、特にこうしたシリーズドラマではゲスト俳優によって数字が浮沈する。それだけにハンパなゲストを招いた回では『ゲストが物足りない』とクレームをつけるほど」

 今シリーズも桃井かおり(70)を迎えた初回視聴率こそ14.7%と大躍進したが、その後はジリ貧となっている。

「その彼女の最大のライバルになっているのが『ドクターX』(テレ朝系)で視聴率を荒稼ぎする米倉涼子(46)。小日向文世(67)、でんでん(71)、田中哲司(55)など名優揃いの『緊急取調室』の現場には、天海さんがサンドイッチを差し入れするなどチームワークは抜群です。しかし『ドクターX』や大門未知子の名前を口にするのはタブーになっています」(テレ朝関係者)

 再び「視聴率女王は私」と胸を張れる日が来るか。

 その米倉も舌を巻く相手が黒木華(31)だという。

「2人が共演したのは19年放送の『疑惑』(テレ朝系)です。松本清張原作のドラマで、保険金殺人事件の容疑者と担当弁護士がメインキャスト。当時の米倉さんは『女優としての幅を広げるためにいろんな役を演じたい』と『ドクターX』への出演をかたくなに固辞していただけに、悪女ではなく新キャラ獲得のため弁護士役を選択した」(芸能デスク)

 初顔合わせのドラマは女同士のキスシーンが盛り込まれるなど、2大女優の演技対決が見ものとなった。

「役柄では『私、失敗しないので』と強気な米倉さんですが、実際には『あれでよかったのかなぁ~』と自分の演技には自信が持てないタイプ。このドラマの収録後も『私、負けたかも』といつも以上に落ち込んでいた。なんでも黒木の迫真の悪女っぷりに終始圧倒されたようで『あの子なんなの? 魔女っ娘なんじゃない』などとコボしていたそうです」(芸能デスク)

 この秋「ドクターX」シーズン7の放送が予定されているが、黒木のゲスト出演だけはなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
4
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史