社会

汚染マップ公表で奥多摩住民が戦々恐々「放射能スギ花粉が東京に大量に降り注ぐ」

 福島原発の周辺地域で検出されていた放射性ストロンチウムが、約250キロも離れた横浜市内でも検出された。放射能の飛散が、距離だけでは計れない現実が明らかになりつつある。
 10月6日に文部科学省が公表した、東京と神奈川県の「セシウム汚染マップ」も、遠隔地であっても「汚染飛び地」があることを示すものだった。
 汚染が進んでいたのは、東京のほぼ東西の両端に位置する葛飾区と奥多摩町で、その放射線量はそれぞれ、0.1~0.2、0.2~0.5マイクロシーベルト。セシウムの蓄積量では、両地域とも1万~3万ベクレルで、奥多摩の一部では、6万~10万ベクレルの観測地もあった。「汚染マップ」によると、地域によって汚染の度合いに大きなバラツキがある。
 文部科学省の説明はこうだ。
「高濃度の汚染地域には2つの流れがあります。1つは、栃木から群馬そして、東京の西部に至る流れ。もう1つは、茨城南部から千葉の一部を抜けて、東京の葛飾区に至る流れです。放射性物質の飛散は、風の流れと地形によって異なり、風が滞留しやすい窪地や植物の多いところ、また、飛散途中で雨が降ったところなどにとどまる傾向があります」(原子力災害対策支援本部)
 ところで、埼玉・秩父から東京・奥多摩といえば、スギ花粉の一大貯蔵地域。少々気の早い話だが、来年の花粉の飛散が気になるところ。スギ花粉とともに放射性セシウムも一緒に飛散する可能性があるのではないか。 放射能の内部被曝に詳しい、矢ケ崎克馬・琉球大学名誉教授によれば、「セシウム137の粒子は0.01マイクロメートル。それに対して、スギやヒノキの花粉は20~40マイクロメートル。セシウムが花粉に付着して飛散する可能性は十分あります。それよりも、葉についたセシウムが落ちて腐葉土となり、吸収され花粉の中に取り込まれて飛散するという事態が予想されます」
 また専門外の話だがと前置きしつつも、「単なる花粉症の症状だけでなく、さらに悪性の症状が出る可能性があるのではないか」
 と、「悪性花粉症」が蔓延する可能性を指摘する。
 花粉症に詳しい三好基晴医学博士も、
「放射性物質が付着した花粉を吸い込んだ方が花粉症の症状が強くなる可能性はある」
 と指摘する。防衛策としては、
「従来の花粉対策と同様にマスクなど物理的な対処になる。積極的に食べて放射性物質の有害性だけを減らせる食物はない。リンゴやニンジンに含まれるペクチンはセシウムを排泄しやすいが、ビタミンやミネラルも排泄してしまう」
 いずれにせよ、花粉症持ちにとって、来年の花粉シーズンはさらに憂鬱な季節となりそうだ。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
3
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
4
広瀬すず、「ネメシス」最終回の“胸スラッシュ爆揺れシーン”が称賛の嵐!
5
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像