スポーツ

釜本邦茂 ザックJAPANはW杯“混戦のC組”をこうして突破しろ!(2)

20131219k

 11月の第2次欧州遠征では、W杯予選を8勝2分で突破し、FIFAランク5位にまで浮上したベルギーから金星を奪った。だが、2度の欧州遠征で、釜本氏は「ザックJAPANの弱点がかいま見えた」と指摘するのだ。

 やはり失点のしかたに問題があるね。セルビアやベラルーシが、ラインを引いて守りに徹し、カウンターを狙ってくることをわかっていながら失点を許したし、オランダやベルギーからも長いパス1本で、簡単にやられてゴールを与えた。あと半年間で、ここをしっかりと修正しないとダメでしょう。

 10年の南アフリカW杯でベスト16に導いた岡田武史前監督と、ザッケローニ監督の戦略の大きな違いが守備隊形だ。ディフェンスラインを低く設定してカウンターを狙う岡田監督に対し、ザッケローニ監督はラインを高く保ち、相手の守備を崩していく戦術を取っている。当然、攻撃力はアップするが、DFラインの後ろに大きなスペースが広がるために、相手のカウンターに対する読みや瞬発力、スピードが問われる。まさに、欧州遠征では、その攻撃的なサッカーのモロさが露呈した形となった。

 やはり日本のサッカーは、ラインを引いてきちっと構えて相手に来させるという形を常に取るようなスタイルが合っていると思いますな。岡田監督しかり、ロンドン五輪の関塚隆監督のようにね。守りを固くしてカウンターで攻めるというサッカーやね。

 日本代表はまだ、この前のコンフェデ杯でのイタリア戦(3対4で惜敗)で見せたような打ち合いの試合はできませんよ。観ている側は点の取り合いはおもしろいだろうけど、守り倒すのもサッカー。“カテナチオ”と称されたイタリアのサッカーのようにね。

 昨年のクラブ杯だって、南米のコリンチャンスがチェルシー相手に守り勝ってるし、今の日本代表がW杯で結果を残すには、前回のように守り抜くほうがいいと思うな。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
4
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
5
池江璃花子「白血病パニック」のドミノ倒し波紋(1)そっけなく「頑張りなさい」