女子アナ

「ポスト水卜・カトパン級」逸材が続々!新人女子アナ「艶っぽ新馬戦」を実況中継

 秋のテレビ局は新人アナのシーズンだ。研修期間を無事済ませた新人アナが続々画面デビュー。さながら秋台風のような続けざまの誕生ぶりが注目されるのだ。今年の新人はモデル、ミスキャンパス、女流棋士と肩書きも豊富。未来のカトパン、水卜ちゃんに化ける新人女王は誰だ?

 今年入社の新人アナの“傾向と対策”を女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が、こう読み解く。

「ネット配信やSNSの活用など多様化するテレビ局各局は看板アナの相次ぐ結婚、中堅アナの伸び悩みなどにより、慢性的な人材不足になっている。そのため、今年は例年以上に学生時代にタレントや学生キャスターなどを経験している肩書き系アナが増えています」

 特に“美容院ステマ騒動”に複数の女子アナが関わったフジテレビは3人の新人アナを採用するなど影響が顕著だ。小室瑛莉子アナ、小山内鈴奈アナ、竹俣紅アナ、このフレッシュな新人でイメージ刷新を図る構えだ。

 この3人がそろい踏みで登場したのが、8月28~29日放送の『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』。2夜連続生放送9時間の大型番組の総合司会にピチピチの新人アナが抜擢したのだ。ところが、番組冒頭で新人アナ3人が順に自己紹介を始めるや“事故”が発生。

 この後の顛末とほか全9名の「秋台風の目」新人アナの実績と、勝ち抜け予想付き“馬柱表”を9月7日発売の「週刊アサヒ芸能」9月16日号で全公開している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し