芸能

テリー伊藤対談「竹田恒泰」(4)女性からのプロポーズはお断り?

テリー 竹田さんが責任編集の「日本を元気にする本」というムックの中に、「日本を変える10の主張」というのがあるんですが、これについて教えていただけますか。

竹田 日本の国をちゃんと繁栄させることを考えたら、人口を確保するということが大前提だと思うんです。少子化担当大臣とか言ってますけど、「少子化」という言葉が悪いと思うんですよ。すごく後ろ向きじゃないですか。そこで私は「多産大臣」とか「多産計画」とかにして、これからベビーブームを起こすぐらいにしないとダメだと。

テリー どんな作戦がありますか。

竹田 1人子供を授かった夫婦は、2人目も欲しいというのが圧倒的なんですよ。でも、そこに踏み込めないのはやっぱり金銭的理由だったりするんですね。

テリー そうですね。

竹田 中絶の最大の理由も金銭的理由だったりするんです。ですから、大胆な発想でベビーブームを起こさないといけないと思うんですよ。

テリー それから、「プロポーズは男性がしなければならない」と。これはどうしてですか。

竹田 「古事記」の伊耶那岐命〈イザナギノミコト〉と伊耶那美命〈イザナミノミコト〉のところを読むと、女性から声をかけると未熟児が生まれる。で、男性から声をかけ直したら立派な子供が生まれたということで、昔から日本の考え方として、男がプロポーズするというのがあったんですね。最近は草食男子とか、女性が強くなったとかで、女性から告白するケースが増えているのかもしれませんが、これは縁起が悪いものだと思ってまして。

テリー 竹田さんは今まで女性にプロポーズしたことは?

竹田 ありますね。20代前半の頃ですけど。

テリー それはどうだったんですか。

竹田 とてもいい感じだったんですけど、両親との関係がうまくいかなくて。もしかしたら向こうの親に僕が嫌われたような気がするんですね。

テリー 本人同士じゃなくて。

竹田 そうなんです。

テリー それは切ないね。

竹田 そうですね。それ以外にも、女性にプロポーズされることは何回かあったんですけれども。

テリー 何回かあった! 

竹田 それはその瞬間、宗教上の理由ということで、お断りしています。

テリー 徹底してますね。ところで「日本人はいつ日本が好きになったのか」という本も最近お書きになってますけど、「いつから好きになった」ということがあるんですか。

竹田 ここ2~3年、何か日本人の意識が様変わりしていると私は感じていまして、それは東日本大震災がきっかけじゃないかなと思うんですね。外国から日本人の立ち居ふるまいはすばらしいとほめられたり、若者がボランティアを初めてやったりとかで。

テリー 伊豆大島の台風被害の時も若者のボランティアがたくさん頑張りましたからね。

竹田 その前に、日本人はなぜ日本のことを嫌いだったのかということをいろいろ探っていったら、占領時代にGHQがかなり計画的に、日本人の意識を変える戦略を実行してるんですね。歴史を否定し、神話を不明にすることで民族性を失わせ、最終的には精神的に骨抜きにしようと。ただ、アメリカもここまで効くとは思ってなかったみたいですよ。

テリー 日本と同じようなことをイラクでやろうとしてもできないですよね。

竹田 だから日本人には麻酔が強すぎて、いまだにカーッて眠りこくってる。アメリカのほうが「そろそろ起きろ。こっちが悪かったよ」って、日本人が自立することを望んでいるぐらいですから。

テリー 朋ちゃんとも、そういうためになる話をするんですか。

竹田 ハハハハ、結構しますよ。

テリー 竹田さんと話をしていると、非常にクレバーだし、皇室問題や国際問題、政治と非常に優秀だと思うんですけど、あとは朋ちゃんですね。

竹田 アハハハ。

テリー 朋ちゃん問題で、今後はどういうふうに攻略していきましょうか。

竹田 それはテリーさんのご指導を仰ぎながら、詰めて参ります(笑)。 

◆テリーからひと言

初詣でには、朋ちゃんと2人でお出かけしていただきたいですね。その時こそ、ロールスロイスで乗りつけちゃってください。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」