スポーツ

石毛宏典、「野村監督の下で野球を勉強したかった」にヤクルトOBが“ツッコミ”

 ともに名将の1人に数えられる、野村克也監督(故人)と、森祇晶監督。野村監督は「ID野球」を引っ提げ、愛弟子の古田敦也氏を育てるなど、ヤクルトスワローズを4度のリーグ優勝、3度の日本一に導いた。一方、森監督は西武ライオンズの監督に就いた9年間のうち、リーグ優勝8度、日本一6度。西武黄金期とも呼ばれる、常勝球団を築いた。

 実績だけ見ても甲乙つけ難い両監督だが、「野村監督の方が上!?」とも取れる発言をするヤクルトOBがいた。

 盗塁王に輝くなど、野村監督のもと、主にヤクルトで活躍した飯田哲也氏である。元プロ野球選手・石毛宏典氏のYouTubeチャンネル〈石毛宏典TV〉の、9月5日付け投稿回〈古田敦也「理不尽なポジションだよ…」野村克也監督との関係性とは?〉でのことだ。

 石毛氏は森監督のもと、主に西武で活躍。現役時代には、来た球を打てばよく、“ID野球なんぼのもんだ”くらいに思っていたそうだが、実は、結果として今まで、これまで、もっとも多く読んでいる本は野村監督の本だったそうだ。

「オレも、野村さんの下で野球を勉強したかった」と吐露した石毛氏。これを受けて、「その当時、西武に野村監督が行ってたら、めちゃくちゃ強かったですよ。森さん(森監督)もちょっと緻密なとこあると思いますけど…」とし、「ちょっと損してますね」そう言って飯田氏は、石毛氏の笑いを誘ったのだった。

 もちろん、森監督の功績は大きく、野村監督を崇拝する飯田氏ゆえの発言であり、一方、技術が備わった石毛氏だからこそ「ID」の凄さを見直す考えに及んだのであろうことは加えておきたい。

 それにしても、パ・リーグの野手で初の1億円プレイヤーを達成した石毛氏が、もし野村監督と出会っていたならば、さらなる活躍を見せていたかも…と思わずにはいられない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
3
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
4
篠原涼子、「バスト揉まれまくり&舌入れキス」の衝撃映像にアクセス殺到!
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!