芸能

大コケぶりがスゴすぎるハリウッド映画「47RONIN」

 制作費180億円、正月恒例の時代劇「忠臣蔵」を斬新に脚色し、最新CGを駆使した映像で年末の目玉として大ヒットが期待された映画「47RONIN」の大コケぶりがスゴイ。

 主演に日本では“一流スター”のキアヌ・リーヴスを迎え、真田広之、浅野忠信、柴咲コウ、菊地凛子、赤西仁という「日本人だけど何とか英語はダイジョーブ」という意味で、現在考えられる最高のメンツが脇を固めたにも関わらず、12月7日・8日の封切週の土日で興収1億524万円。この週のぶっちぎり1位が「ルパンVSコナン」の企画アニメで、興収約6億5000万円なのだが、じつは公開スクリーン数が、前者が753スクリーンで、後者が329スクリーン。その差は歴然だ。観客数でいえば「47RONIN」は1スクリーンあたり、1回の上映で平均12人程度となる(公開週でだ!)。ツイッターに「(空席多すぎて)ヤバイ」などと書き込みがされたのもうなずける惨状だったようだ。

 これには「私たちが日本を代表するハリウッド役者よ!」とドヤ顔で出演した俳優陣も穴があったら入りたい心境だろう。しかも、どうやら洋画業界ではこの映画は“なかったこと”にするかのように、宣伝マンらも苦笑いのあと「びっくりしましたね」以外、何も語ろうとしない。

 ところがそんな大コケ作にもかかわらず、劇場で鑑賞していた井筒和幸監督は、

「ひと言、ゲテモノやね。ちょっと前に『ウルヴァリンSAMURAI』とかいう、レミゼの兄ちゃんが主演したトンデモ映画があったけど、“ハリウッドジャパニーズ”はもう古いねん。ヘンなニッポン、ヘンな日本人、ヘンな東洋かぶれの外人…そんなものばっか見せられて、さすがに客もウンザリしたんやろ。アメリカも日本人に観せて稼ごうという腹づもりなら、もっと気ィつかわないと。まさに政治と同じ、アメリカはまだ日本を統治してると思ってる、国民はウンザリしてるんやけど、安倍とかアメリカ様を崇めてる政治家たちはヘコヘコしてる。『47RONIN』の温度差はその構図そのものや! ゲテモノやから正月の厄除けにはなるやろ」

 と、猛毒ブッタ斬り。怖いもの見たさで観るならご自由にといったところだが、公開2週目で早くもランキング外に消えたこの大作、毎年「忠臣蔵」が話題となる大晦日まで上映しているかどうか‥‥それすら心配になってきた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大野智、39歳「誕生祭」は国交省も祝福する前代未聞の大盛り上がりだった!
2
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
3
大迷惑!「モトカレマニア」出演の矢田亜希子にまで及ぶ沢尻エリカ逮捕“余波”
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
下半身はいてない!?マギーの超ミニ丈スカートショットにファン騒然