スポーツ

白鵬「ライブ相撲マンガ」、本人が今明かす「初土俵から引退」「新たな人生」!

 最強横綱、引退!第69代横綱・白鵬が土俵を去る。白鵬自身が語る。

「まず皆様にお伝えしなければならないことがあります。第69代横綱・白鵬翔は、2021年九月場所をもって引退することになりました。

2001年三月場所に初土俵を踏んで以来、約20年間、ただただ一心不乱に相撲に邁進して来たつもりです。長かったようにも思われますが、それは今考えるとモンゴルの空を流れる流れ星のごとく、一瞬のような速さにも思われます。これからが私の新たな相撲人生のスタートと考えております。このような私を今まで陰になり日向になり応援していただいた親方はじめ家族、後援者、ファンの皆様に必ずや恩返しをさせていただくつもりですので、期待していただければと思います」

 そんな白鵬の“今”と“これまで”を描いた同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」の第1巻「英雄の子」が発売中だ。モンゴルから来日した、ムンフバト・ダヴァジャルガル(白鵬の本名)が、紆余曲折を経て、初土俵を踏むまでが描かれている。

 引退に際してその相撲一筋の半生に改めて注目が集まる白鵬。現在も「週刊アサヒ芸能」で連載中の「白鵬本紀」の最新回は、「大学出のエリートに挑む」の巻だ。西三段目28枚目で迎えた2002年十一月場所。白鵬は4勝3敗で勝ち越し、続く2003年一月場所でも5勝2敗の勝ち越した。

 そして迎えた2003年三月場所で幕下に昇進した。入門してから12場所目の快挙である。時に、白鵬18歳0カ月。幕下ともなれば、「博多帯」を締め、冬場のコート着用、番傘や蛇の目傘を差すことも許される立場である。

 自信に満ちあふれた白鵬ではあったが、そんなある日のこと。出稽古に行った白鵬に立ちはだかったのは、「大学タイトル保持者」の分厚過ぎる壁だった。打ち砕かれる自信とプライド。それでも、負けても負けても、“エリート”に挑み続ける白鵬であったが…。

「白鵬本紀」第22番「大学出のエリートに挑む」は、10月5日発売の「週刊アサヒ芸能」10月14日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故