スポーツ

白鵬「ライブ相撲マンガ」、本人が今明かす「初土俵から引退」「新たな人生」!

 最強横綱、引退!第69代横綱・白鵬が土俵を去る。白鵬自身が語る。

「まず皆様にお伝えしなければならないことがあります。第69代横綱・白鵬翔は、2021年九月場所をもって引退することになりました。

2001年三月場所に初土俵を踏んで以来、約20年間、ただただ一心不乱に相撲に邁進して来たつもりです。長かったようにも思われますが、それは今考えるとモンゴルの空を流れる流れ星のごとく、一瞬のような速さにも思われます。これからが私の新たな相撲人生のスタートと考えております。このような私を今まで陰になり日向になり応援していただいた親方はじめ家族、後援者、ファンの皆様に必ずや恩返しをさせていただくつもりですので、期待していただければと思います」

 そんな白鵬の“今”と“これまで”を描いた同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」の第1巻「英雄の子」が発売中だ。モンゴルから来日した、ムンフバト・ダヴァジャルガル(白鵬の本名)が、紆余曲折を経て、初土俵を踏むまでが描かれている。

 引退に際してその相撲一筋の半生に改めて注目が集まる白鵬。現在も「週刊アサヒ芸能」で連載中の「白鵬本紀」の最新回は、「大学出のエリートに挑む」の巻だ。西三段目28枚目で迎えた2002年十一月場所。白鵬は4勝3敗で勝ち越し、続く2003年一月場所でも5勝2敗の勝ち越した。

 そして迎えた2003年三月場所で幕下に昇進した。入門してから12場所目の快挙である。時に、白鵬18歳0カ月。幕下ともなれば、「博多帯」を締め、冬場のコート着用、番傘や蛇の目傘を差すことも許される立場である。

 自信に満ちあふれた白鵬ではあったが、そんなある日のこと。出稽古に行った白鵬に立ちはだかったのは、「大学タイトル保持者」の分厚過ぎる壁だった。打ち砕かれる自信とプライド。それでも、負けても負けても、“エリート”に挑み続ける白鵬であったが…。

「白鵬本紀」第22番「大学出のエリートに挑む」は、10月5日発売の「週刊アサヒ芸能」10月14日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」