芸能

ヒコロヒー「仕事量と自分の幸福度を比例させていきたい」

テリー 今は休みはないんだろうけど、時間がある時は何してるの?

ヒコロヒー 何にもやってないですね。今、女性芸人の先輩とルームシェアしてるんですけど、休みがあったとしても前の日はトコトンお酒飲んで。飲みながら深い時間までネットフリックスとかで映画を見たりしてるので。昼過ぎとか夕方ぐらいに起きて、また映画館へ行くことはありますけど。

テリー 映画は好きそうだもんな。じゃあ、スポーツは? サウナとかじゃなくて、自力で汗をかくの。

ヒコロヒー やってないですね。最近はロケで栃木の山奥に連れていかれて、温泉を探したぐらいです。

テリー それはスポーツじゃないけどね。

ヒコロヒー でも、散歩は行きますよ。気分転換に1時間とか。

テリー あ、それはいいじゃん。朝?

ヒコロヒー です。

テリー あ、夜はダメなんだよ。朝行かないと。

ヒコロヒー 朝、嫌なんですよね。朝なんて起きれないです。

テリー 不健康だな。だからイライラするんだよ。じゃあ最近だと、腹が立った以外は何を考えてるの?

ヒコロヒー うーん。じゃあ、せっかくなんで、業界の長いテリーさんに伺いたいんですけど、ほんとにありがたいことに、最近は忙しくて。なかなか友達にも会えなかったり、好きな人にも会う時間がなさすぎて、「もういい」とか言われるぐらい、すべてを排除してお仕事させていただいてるんですね。

テリー いいことだね。

ヒコロヒー でもこの業界、1年後どうなってるかわからないじゃないですか。だから、今は優しくしてくださるスタッフさんもひとつも信用できないというか、ずっと気持ちの落としどころがわからないというか。そういうもんですか。

テリー あぁ、なるほどなぁ。だから、今のうちに次の一手を見つけておくといいよね。例えば(ビート)たけしさんも漫才ブームの時に「いつまでもここにいてもしょうがねぇ」って番組を企画したり、映画をやったり、小説を書いたりしたと思うのね。今はやっと、みんながヒコロヒーさんの魅力に気づいたところでしょう。ここで「それだけじゃなくて、これもあるのよ」って、3つぐらい用意しておくと、そういう不安みたいなものはなくなるんじゃないかな。

ヒコロヒー 確かに、そうですよね。

テリー あと最近さ、太平洋を横断した辛坊治郎さんっているでしょ。あの人も勝手にやっただけなのに、なんか「すごい」って言わざるを得ないじゃない。これからは一円にもならないことを勝手にやる人が、なんかすごいし、魅力的だよね。

ヒコロヒー なるほど。私、これからは仕事量と自分の幸福度を比例させていきたいと思ってるんですよ。

テリー というと?

ヒコロヒー 例えば、みんながよしとしてる人気番組に、成功やキャリアアップのために出るのではなくて、まったく人気番組ではないけど、自分が心から好きだと思える番組だったり、スタッフさんとの仕事を増やしていきたいと。そうすると、すごく忙しいと同時に幸福度も上がっていくと思うんですよ。そういうふうに仕事をしていければと思ってます。

テリー 大事なことだね。長生きのコツでもあるしな。

ヒコロヒー あんまりウソをつかず、ごまかしたりせず、やっていきたいなと思います。

◆テリーからひと言

 ほんとうに文才があるから小説を書いてほしいよ。又吉(直樹)みたいになるんじゃない? スナックを渡り歩いた女の話を読んでみたいね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」