芸能

日テレ・水ト麻美アナ 人気NO.1アナに持ち上がったお局アナとの暗闘

20140102_0109ll

 毎年恒例の「好きな女子アナランキング」でみごと1位を獲得した日本テレビの水ト麻美アナ(26)。天真爛漫なキャラクターが魅力の一つだが、お局アナの傍若無人ぶりにブチキレたというのだ。

 入社4年目にして、「女子アナ王国」フジテレビの加藤綾子アナ(28)を差し置いての「好きな女子アナランキング」の1位に選ばれる快挙。もはや日本テレビの看板アナといった勢いの水トアナだが、アナウンス室内でもムードメーカーとして、今や欠かせない存在になりつつあるという。

 日テレ関係者が声を潜めて言う。

「以前から日テレのアナウンス部は、上下関係が厳しく『アナウンサーは紳士淑女たれ』というのがモットー。最近も夏目三久(29)や西尾由佳理(36)が次々と辞めていったのは、そういう厳しい指導方針に嫌気が差したから。今ではその若手の指導役として、お局の馬場典子アナ(39)が君臨し、さながら恐怖政治のような状況になっている。そうした中で、ノー天気で面倒見のいい水トアナのもとに後輩アナが集結。今や一大派閥として馬場アナの“かわいがり”の防波堤になっています」

 かつて、アイドルアナとして人気を誇っていた馬場アナも今やアラフォー。12年には、週刊誌に経費の横領疑惑が報じられるなど、局内の評判はあまり芳しくないが、若手のお目付け役として幹部からの信頼は厚いというから皮肉な話である。

「何しろ馬場アナは、オンエア内容のダメ出しから、ふだんの服装やスマホの使用についてもイチイチ口を出してくる。これには今時の若手アナは不満タラタラだが、上司の目があるところでは口にしにくい。そこで、水トアナが音頭を取って月イチで開催しているのが、『水ト会』です。水ト会は表面的には、食いしん坊の水トアナのための食事会と銘打っていますが、実際には、若手アナの発散の場になっていて、水トアナも酒の勢いに任せて本音をブチまけているみたい。飲み会には必ず最初から最後まで残りますし、後輩からは絶大な信頼を得ていますね」(日テレ関係者)

 まさに、日テレのアナウンス室の屋台骨を支えている水トアナだが、馬場アナとの“暗闘”はヒートアップ中だという。

「現在、水トアナは『ダイエット中』と公言していますが、これもアナウンス室で馬場アナからのダメ出しがあったからだといいます。ところが、水トアナは一切、痩せる気がない(笑)。これには、さすがに馬場アナも諦め気味で、最後には『これ以上太らないように』と言うしかなかったとか」(前出・日テレ関係者)

 お局アナからの忠告にも「のれんに腕押し」でマイペースを貫く水トアナ。番組のトチリを指摘されても、頭を下げつつもまた繰り返すという憎めないキャラクターだけに、これまで高圧的な態度だった馬場アナは何も言えなくなっている。

「若手では、12年入社組の杉野真実アナ(23)と安藤翔アナ(25)が何かとやり玉に上がるのですが、先輩の水トアナがうまくフォロー。ガス抜き役になって、2人とも今や大活躍しつつある。後輩の面倒見のよさに女帝の木村優子アナウンス部長も太鼓判を押すほどで、このままいけば30歳までに、馬場アナを差し置いて、若手アナの指導役に抜擢されるのでは、と言われています」(前出・スタッフ)

 いろいろ、心に秘めていても笑顔で乗り切る図太さ00が、水トアナの人気の原因なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点