芸能

倉科カナの「ぶるるんFバスト」15年史!(1)“上半身マッパ”にコート羽織って

 女優として引っ張りだこの倉科カナが、女性誌の「美バスト特集」に登場。腕でバスト隠し姿のセミ脱ぎを披露し、SNS界隈で騒然となっている。そのたわわに実ったバストは推定Fカップ。2006年に「ミスマガジン」グランプリを獲得し、グラドルとして活動を始めた彼女の、華麗なる“バスト史を振り返る!

 田中みな実や三吉彩花など、これまで名だたる美バスト女性がセミ脱ぎを飾り、話題となってきた「an・an」(マガジンハウス)のバスト特集号。9月22日に発売された号で最新美バストクイーンに選ばれ、“神バスト”と話題沸騰中なのが倉科カナだ。

 表紙は、完全なる上半身マッパ。肘まで覆うグローブをつけた手を胸元で組み、溢れんばかりのたわわで柔らかそうな豊かなバストの、実に3/4が肌見せをしている、なんとも大胆なショットだ。

「誌面では、シャツの中でブルンと揺れるノー肌着下バストを見せ、上半身マッパにファーコートを羽織っただけのゴージャスなセミ脱ぎや、扇情的なレースの胸用肌着&“女性用の靴下止めベルト”姿もあります。艶ボディがこんなにも拝めるなんて、贅沢すぎます」(スポーツ紙記者)

“巨バスト千里眼”を持つコラムニストの梶山カズオ氏も、鼻息荒く透視する。

「素晴らしいの一言」と前置きし、「おそらくこの日の撮影のために、体を仕上げてきた影響もあってか、デコルテが少し痩せているのが気になりますが」としたうえで、ただ、そのぶん、バストの大きさが強調され、「文句のつけようがない」バストだとする。「Fカップはあるでしょう」とも。さらに田中みな実とは異なり、

「エステで強制的に整えている感じがせず、無駄な重量感もない。自然の摂理に則った、ナチュラルな柔らかさを備えている」(梶山氏)

 それが、“カナパイ”の最大の魅力だという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論