芸能

倉科カナの「ぶるるんFバスト」15年史!(1)“上半身マッパ”にコート羽織って

 女優として引っ張りだこの倉科カナが、女性誌の「美バスト特集」に登場。腕でバスト隠し姿のセミ脱ぎを披露し、SNS界隈で騒然となっている。そのたわわに実ったバストは推定Fカップ。2006年に「ミスマガジン」グランプリを獲得し、グラドルとして活動を始めた彼女の、華麗なる“バスト史を振り返る!

 田中みな実や三吉彩花など、これまで名だたる美バスト女性がセミ脱ぎを飾り、話題となってきた「an・an」(マガジンハウス)のバスト特集号。9月22日に発売された号で最新美バストクイーンに選ばれ、“神バスト”と話題沸騰中なのが倉科カナだ。

 表紙は、完全なる上半身マッパ。肘まで覆うグローブをつけた手を胸元で組み、溢れんばかりのたわわで柔らかそうな豊かなバストの、実に3/4が肌見せをしている、なんとも大胆なショットだ。

「誌面では、シャツの中でブルンと揺れるノー肌着下バストを見せ、上半身マッパにファーコートを羽織っただけのゴージャスなセミ脱ぎや、扇情的なレースの胸用肌着&“女性用の靴下止めベルト”姿もあります。艶ボディがこんなにも拝めるなんて、贅沢すぎます」(スポーツ紙記者)

“巨バスト千里眼”を持つコラムニストの梶山カズオ氏も、鼻息荒く透視する。

「素晴らしいの一言」と前置きし、「おそらくこの日の撮影のために、体を仕上げてきた影響もあってか、デコルテが少し痩せているのが気になりますが」としたうえで、ただ、そのぶん、バストの大きさが強調され、「文句のつけようがない」バストだとする。「Fカップはあるでしょう」とも。さらに田中みな実とは異なり、

「エステで強制的に整えている感じがせず、無駄な重量感もない。自然の摂理に則った、ナチュラルな柔らかさを備えている」(梶山氏)

 それが、“カナパイ”の最大の魅力だという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」