芸能

中谷美紀、「趣味は春画鑑賞」海外生活をバラす!(2)“幽霊との情交”も鑑賞

「春画」といえば、性的シンボルや性的行為を行なう際の体勢が誇張されている版画をイメージしがち。だが、女優・中谷美紀の愛読書のひとつ「肉筆春画(別冊太陽)」(平凡社)は、平安時代末期以降の性的行為の事情が大胆に描かれた作品が並び、その解説も載った美術書だ。

 例えば、オープニングの「小柴垣草紙」は、日本の古春画の最高傑作と見なされ、実際にあった密通事件をネタにした物語絵巻。ラストの「大黒騒動図」は好色そうな巨大なシンボルの持ち主の老和尚と大黒(寺の隠し妻)志願の女、そこに若い寺小姓が絡む色事騒動がユーモアあふれるタッチで描かれており、他にも男色絵巻や一男十女図、はては幽霊と人間の情交までが描かれている。テレビ局スタッフによれば、「中谷さんは18年1月のバラエティ番組『マルコポロリ!』(関西テレビ)でも春画好きを告白しています。インターネット上の噂にみずから回答するという内容で、他にも『社会の窓を全開にして出かけてしまう』に対して『だいたい月イチぐらいですかね』と答えた。『年賀状はすぐにシュレッダー』も事実を認めた上で『1枚読んだらガーッ、お子さん大きくなったな、ガーッ』なんて調子で話していましたよ」

 常におもしろおかしくトークを展開する話芸はお見事!10月6日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)出演時もみずからを「季節労働者」と称し、18年11月に結婚したドイツ人のビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏との海外生活を明かしている。

「ご主人がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とウイーン国立歌劇場管弦楽団で活躍されているので、現在はオーストリアの中北部のザルツブルクに居を構え、日本と行き来する生活です。ザルツブルクはモーツァルトの生誕地で、世界遺産の街としても有名。そこの田舎家をご主人が購入し、改築して住んでいる」(スポーツ紙記者)

 番組内でも山と湖に囲まれ、窓からの美しい景観や草原のようなキレイな庭を写真で紹介していたが、

「一見、優雅な生活に見えますが、どこの家も美観の問題で網戸はないし、冷房もない。当然、窓から虫などが入ってくることもありますが『ブヨ、ハチ、蚊、ナメクジ、これはもうお友達ですね』と笑っていました」(前出・スポーツ紙記者)

 他にもゴミ出しはひと苦労で「ゴミの収集は2週間に一度、かつ有料で40ユーロ(約5200円)かかる」と明かしていたが、田舎暮らしの苦労ばかりではない。国際結婚ならではの気遣いを、映画関係者が明かす。

「ダンナには前妻との間に幼い娘がいます。普段は前妻が育てていますが、週に1~2回、中谷の家で過ごしているそうです。中谷さんは英語やフランス語、韓国語が堪能とはいえ、公用語のドイツ語を本格的に勉強している理由は、その娘さんとコミュニケーションをしっかり取るため。ダンナの前妻夫婦と5人で食事をすることもあり、主婦業だけでなく、ママとしても多忙のようです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!