芸能

田中理恵、Eバスト“揺れ過ぎ”縄跳びシーンにお茶の間が騒然!?

 体操選手としては極めて珍しい推定Eカップの大きな胸で人気を博した田中理恵。現役を引退した今も美しい爆裂バストは健在だ。その田中が、10月26日放送の「所JAPAN」(フジテレビ系)に出演し、美バストを披露してくれた。

 メイプル超合金のカズレーザーが、アスリートを支える器具や設備を調査するコーナーでのこと。田中は体操の床や平行棒の滑り止めなどを紹介する役として登場し、えんじ色のスパッツにグレーのへそ出しウェアで用具の解説を行った。

「さすがはかつて世界選手権でエレガンス賞を受賞しただけあって、溜め息が出るようなウェア姿でした。しかもそのウェアは、お腹だけではなく背中も大胆に出したデザインで、胸のふくらみも目立っていましたね。そんな格好で飛んだり跳ねたり用具を実際に使って見せるため、バストが激しく上下運動する様をこれでもかというほど見ることができました」(週刊誌記者)

 田中の躍動する完熟ボディに、カズレーザーもどこに視線を送ったらいいのか困った様子。それが最高潮に達したのは、体操の床の秘密を解説した場面だ。

 田中によると、床は多数のスプリングがつけられた反発性があるもので、選手の演技を手助けする効果があるという。そこで普通の床とどれぐらい違うのか、縄跳びをして効果を確認することに。

「田中が縄跳びをすると、Eカップがプルルン、プルルンと上下にゆっくりと揺れまくっていました。あんな映像をお茶の間に流していいのかと思ってしまったぐらいです(笑)。その胸の激揺れを追いかけ、テレビの前で自然と首を上下に振っていた男性視聴者も多いのでは」(前出・週刊誌記者)

 自身のYouTubeでも、たびたびボディラインあらわに躍動する姿を披露している田中。今後も地上波で同様の“ユサユサ”ぶりを見せて欲しいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?