エンタメ

女子アナ界が寿モード?今年結婚しそうな注目アナを総チェック

20140123z

 女子アナ界が寿モードで沸いている。広島の野村祐輔(24)との熱愛が報じられたのはテレ東・紺野あさ美アナ(26)。

「紺野アナはテレ東に入社する時、スポーツ局を強く志望してましたからね。結婚相手に有名スポーツ選手を考えていた、と勘ぐりたくもなります」(民放ディレクター)

 紺野といえば、元モー娘という経歴を生かして女子アナにステップアップした変わり身の早さに定評あり。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「入社直後にイケメン実業家とお泊まり密会を撮られている。今度は野球選手に格上げという点でもしたたかさを感じます。テレ東アナは先輩の大橋未歩アナ(35)、亀井京子(31)、大竹佐知(30)など野球選手に強いという伝統があるだけに可能性は大。それに女子アナとしては正直パッとしないので玉の輿もいいのでは」

 ちょうど1年前にオリラジ・藤森慎吾(30)との熱愛が報じられたのがTBS・田中みな実アナ(27)。

「昨年ナイナイ矢部と結婚した青木裕子(31)退社後は局内ではバラエティ番組の柱的存在となり、即時に結婚は望めない立場です。それに、青木の交際が長かったので結婚があるとしてもまだまだ先でしょう」(丸山氏)

 しかも、交際に暗雲が垂れこめているという。

「やはり、藤森に湧き出た二股騒動が尾を引いている。もちろん破局となれば、“チャラ男にもてあそばれた”と田中のイメージダウンは避けられない。交際は継続しているものの、次のステップを考えている田中のほうはクールダウン気味で、徐々に距離を置いています」(番組関係者)

 同じく、滝川クリステル(36)も小澤征悦とすぐの入籍はなさそうな様子。

「年末に出演した『さんまのまんま』(フジテレビ系)では恋人の存在をすんなり認めていました。番組では『結婚はしたい』『子供は欲しい』と話しましたが、はたして本音かどうかは微妙です。小澤も自由人タイプなだけに結婚はまだ先か」(織田氏)

 最後に大外から一気に婚活レースをまくってきたのがNHKの有働由美子アナ(44)だ。

「年齢的にもボチボチ大駆けしてもおかしくない。仕事が絶好調なだけに対抗馬に指名します」(城下氏)

 5歳年下の青年実業家と自宅お泊まり密会が発覚した有働アナに丸山氏もエールを送る。

「報道翌日に番組で突っ込まれて、『何もありません』と必死で否定していたのが、逆に怪しかった。結婚については本人が否定していますが、これが婚活ラストランだとの思いで気張ってほしい」

 名物「あさイチ」オープニング受けでの満面の笑顔が見られるか!?

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴