芸能

松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能

 多少の無理をしても、大ウケをかっさらい、お笑いの世界に名を刻もうと躍起になるのが芸人というものだ。

 バイきんぐの小峠英二は「キングオブコント」の優勝回で、ダウンタウンの松本人志に挑んだ。

「ネタが終わって、ダウンタウンさんとの絡みの時に、けっこう松本さんに(タメ口で)ガーッていったの覚えてますね。ネタだけじゃなく、もちろん絡みもできるっていうところを見せなくちゃいけないって思ってたんで。無名にしちゃだいぶ、強めに行ったと思いますよ」

 と振り返る。

 元・雨上がり決死隊の宮迫博之も若手時代に、松本への大胆な絡みで名を上げている。

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)のドッキリ企画での1コマだ。

 進行がヘタで出演者に怒られる司会役を演じる予定だったが、宮迫はスタッフへの相談もないまま、逆張りに走った。

 親しくもない松本の頭を「おいハゲ、ヒゲそれや!」とはたき、「お前、座れ。正座せぇ」と過激になじった。

浜田雅功にも「進行妨げるようなこと言うな」と髪を引っ張り、大暴れ。

宮迫は、

「最初、スタッフがピリピリってなったけど、ダウンタウンさんがめっちゃ笑ってくれて。ホンマにキレられたら、オレ、『大暴れして、めちゃくちゃにして、違う伝説を残して辞める』って宣言してたし、そこまでかわいがってもらってる関係じゃないから思い切ったよ。そんなことする後輩いなかったから、よけいやったろと思て」

 と、覚悟を決めて賭けに走ったことを明かしている。

★坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
平愛梨とあの女優は真逆!W杯観戦姿を撮られた「有名妻の対応」に差が出たワケ
3
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
4
Snow Man渡辺翔太の発言が騒動に!ガーシー予告「もう一組抜ける」の信ぴょう性
5
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」